毎日食パン1枚分 愛知県が家庭の食品ロス調査 全国より多め

愛知県は3月27日、県内6市で実施した家庭系食品ロス量調査の結果を公表した。

それによると、家庭から出る可燃ごみに含まれる食品ロスの割合は平均16.2%(可燃ごみ全体の約6分の1)となり、県民1人ひとりが毎日食パン約1枚(約78グラム)を捨てている量に相当した。環境省による全国調査推計値(約62グラム)と比べても多い結果となった。

調査は豊橋、岡崎、一宮、半田、春日井、豊田の6市で、夏季(8、9月)と冬季(11、12月)に実施。家庭から出た可燃ごみを採取し、食品ロス量を計測した。

その結果、可燃ごみに含まれる食品ロスの割合は平均16.2%。内訳は、賞味期限切れなどによりそのまま捨てられた「直接廃棄」が9.8%、調理過程で出た「過剰除去」が0.9%、食べ切れずに廃棄された「食べ残し」が5.5%。夏季が15.5%、冬季が17.1%で、冬季は過剰除去や食べ残しの割合が高い結果となった。

食品ロス量の割合から導き出した県内の家庭系食品ロス量は推計約21.5万トン。県民1人1日当たりに換算すると77.8グラム(食パン1枚分)となり、環境省の全国調査推計値の62.2グラムよりも多かった。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 米連邦取引委員会
    米連邦取引委員会(FTC)は7月1日、新型コロナウイルス感染拡大に伴うオンラインショッピング苦情件数...
  2. 厚生労働省
    2019年に国内で発生した食中毒事件数は1061件で、前年と比べて269件減少した。患者数は4264...
  3. 豪州消費者団体Choice
    豪州の消費者団体CHOICEの最新調査によると、回答者の76%が家具を壁に固定することが最善の転倒防...
  4. 生団連
    新型コロナウイルス感染症の問題点踏まえ、事業者団体や消費者団体などで構成する「国民生活産業・消費者団...
  5. イベント
    PL研究学会(会長・大羽宏一大分大学名誉教授)は7月17日、「PL法(製造物責任法)施行25周年を迎...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る