生の鶏肉にカンピロバクター「知らない」が52% 愛知県調査

スーパーなどで市販されている生の鶏肉から高い確率でカンピロバクターが検出されることについて、52%の人が「知らない」と回答したことが愛知県の調査でわかった。一方、中心部まで加熱すれば問題なく食べれることを知らなかった人が61%いることもわかり、県はカンピロバクター食中毒の認知度が低いと分析している。

調査は今年8月から9月にかけて、県消費生活モニター150人を対象に行い、138人が回答した。

食の安全性に関する質問事項の一つとして、近年多発するカンピロバクター食中毒の認知度を調べたところ、「市販の生の鶏肉から高い確率でカンピロバクター菌が検出されること 」を知らなかった人が52.9%いることがわかった。

「飲食店で鳥刺し等の生の鶏肉を食べるとカンピロバクター食中毒にかかる可能性があること」では、43.8%が「知らない」と回答。

「鶏肉が新鮮であることとカンピロバクター菌の汚染とは関係がないこと」を知らなかった人は64.7%。

「たとえカンピロバクター菌に汚染された鶏肉でも、中心部まで加熱すれば問題なく食べることができること」では61.2%が「知らない」と回答した。

カンピロバクターを巡っては、モニター(50代・女性)から「身近で発生する食中毒の危険性をもっと詳しく知りたい。娘がからあげを食べてカンピロバクター食中毒になった。どんな食品を食べたらなるのか知りたい」との意見も寄せられた。

県は消費者意識を把握するため年1回、調査を実施している。前回もカンピロバクター食中毒の認知度調査を行っており、今回とほぼ同様の結果となっていた。

食品安全委員会によると、カンピロバクター食中毒は一年を通じて発生し、加熱不十分な鶏や豚のレバーなどを食べることで感染する可能性がある。また、犬や猫などのペットも保菌している場合があり、予防には▽食肉は十分に加熱する(75℃以上、1分以上)▽調理器具や食器は熱湯で消毒し、よく乾燥させる▽保存時や調理時に肉とほかの食材(野菜や果物など)との接触を防ぐ▽料理前にしっかりと手を洗う――ことが重要だとしている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ユニバーサルデザインフード
    将来、在宅介護をする可能性のある人を対象に介護食の認知度を調べたところ、食べやすさに配慮した「ユニバ...
  2. コンシューマーアクション
    米国の消費者団体コンシューマー・アクションの調査によると、6割近くの消費者が「プラスチックは無限にリ...
  3. 主婦連合会
    公益通報者保護法が2006年4月の施行以降、いまだに法改正が行われていないとして、全国消費者団体連絡...
  4. 森永おっとっと
    森永製菓は12月10日、「おっとっと」や「エンゼルパイ」など13商品の賞味期限を年月日表示から年月表...
  5. 偽造医薬品啓発サイト
    1899年設立の全米消費者連盟(National Consumers League、NCL)は12月...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る