生の鶏肉にカンピロバクター「知らない」が52% 愛知県調査

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

スーパーなどで市販されている生の鶏肉から高い確率でカンピロバクターが検出されることについて、52%の人が「知らない」と回答したことが愛知県の調査でわかった。一方、中心部まで加熱すれば問題なく食べれることを知らなかった人が61%いることもわかり、県はカンピロバクター食中毒の認知度が低いと分析している。

調査は今年8月から9月にかけて、県消費生活モニター150人を対象に行い、138人が回答した。

食の安全性に関する質問事項の一つとして、近年多発するカンピロバクター食中毒の認知度を調べたところ、「市販の生の鶏肉から高い確率でカンピロバクター菌が検出されること 」を知らなかった人が52.9%いることがわかった。

「飲食店で鳥刺し等の生の鶏肉を食べるとカンピロバクター食中毒にかかる可能性があること」では、43.8%が「知らない」と回答。

「鶏肉が新鮮であることとカンピロバクター菌の汚染とは関係がないこと」を知らなかった人は64.7%。

「たとえカンピロバクター菌に汚染された鶏肉でも、中心部まで加熱すれば問題なく食べることができること」では61.2%が「知らない」と回答した。

カンピロバクターを巡っては、モニター(50代・女性)から「身近で発生する食中毒の危険性をもっと詳しく知りたい。娘がからあげを食べてカンピロバクター食中毒になった。どんな食品を食べたらなるのか知りたい」との意見も寄せられた。

県は消費者意識を把握するため年1回、調査を実施している。前回もカンピロバクター食中毒の認知度調査を行っており、今回とほぼ同様の結果となっていた。

食品安全委員会によると、カンピロバクター食中毒は一年を通じて発生し、加熱不十分な鶏や豚のレバーなどを食べることで感染する可能性がある。また、犬や猫などのペットも保菌している場合があり、予防には▽食肉は十分に加熱する(75℃以上、1分以上)▽調理器具や食器は熱湯で消毒し、よく乾燥させる▽保存時や調理時に肉とほかの食材(野菜や果物など)との接触を防ぐ▽料理前にしっかりと手を洗う――ことが重要だとしている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 東京都庁
    東京都が10月8日に公表した2020年度「消費生活相談年報」によると、契約していた事業者が経営破綻しc
  2. 高齢消費者・障がい消費者見守りネットワーク連絡協議会
    消費者庁の働きかけで創設された「高齢消費者・障がい消費者見守りネットワーク連絡協議会」が10月14日c
  3. マーマレード
    柑橘類の果皮のほどよい苦味と食感が魅力のマーマレード。パンやヨーグルトにかけて楽しむ人も多いが、果皮c
  4. 鈴木敦士弁護士
    全国消費者団体連絡会は10月6日、消費者契約法第3次改正に向けた検討会報告書の課題を探るオンライン学c
  5. 欧州消費者同盟
    世界的なエネルギー価格の高騰が経済や生活を脅かし始める中、欧州委員会は10月13日、困窮世帯や中小企c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る