GMイネ「実験ノート裁判」 裁判所の判断は「本末転倒」と原告

新潟県上越市での遺伝子組換えイネ野外実験差止訴訟の過程で提起された「実験ノート情報開示請求訴訟」について、原告消費者が、裁判所の判断はおかしいとして東京高裁に控訴しているが7月3日、食の安全・監視市民委員会などが共催して原告代理人を招いた学習会を都内で開催した。学習会では、問題の遺伝子組換えイネの実験を誰が実施していたのか、その実験ノートを不開示にする裁判所の判断は情報公開制度を「間違って捉えたものだ」と主任弁護人の柳原敏夫弁護士は訴えた。

GMイネ実験ノート裁判学習会

遺伝子組換えイネの実験ノート訴訟を説明する柳原弁護士(3日)

新潟県上越市での組換えイネ野外栽培実験は2005年と06年、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機北陸研究センターが実施した。いもち病や白葉枯病対策としてカラシナ由来のディフェンシン遺伝子挿入の組換えイネについての栽培実験だった。周辺農民と消費者は花粉交雑への不安感、耐性菌発生による生態系破壊の危険性を主張して実験差止の仮処分を申し立てた。却下判決、控訴棄却となり、原告側敗訴に終わったが、この裁判は「実験ノート」情報公開訴訟も提起していた。実験を担ったのは誰か、その実験ノートには実験の核心部分が記載されているはずなので公開が必要だ、などを主張したものだ。

「実験ノート」訴訟で裁判所は、実験ノートは「情報公開の対象である法人文書に当たらない」と判断。柳原弁護士が問題視するのは、誰が実験をしたのか、その立証を消費者側に求めた点。「研究の内情を知らない者は情報公開制度を利用する資格なしと言わんばかりの本末転倒の態度」としている。今年5月7日に控訴した控訴審でコトの重大性を社会に訴えていくとした。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. イベント
    企業と生活者のパイプ役を担い、働く女性で構成する一般社団法人日本ヒーブ協議会は12月4日と来年1月1...
  2. 英国の消費者団体Which?
    キャッシュレス化や銀行の支店閉鎖が加速する英国で、250を超す地区でATM(現金自動預け払い機)がま...
  3. PL検討委員会
    新しい製造物責任(PL)のあり方を研究する「一般社団法人PL研究学会」(会長・大羽宏一大分大学名誉教...
  4. ホワイトハウス
    来年秋の米大統領選挙に向けた民主党の指名争いで、200ドル未満の少額献金総額が巨額献金総額を上回った...
  5. 全国消費生活相談員協会公開シンポ
    現在の消費者行政はバブル崩壊後の冬の時代に続く、第2期冬の時代に入りつつある――。そんな指摘が11月...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  2. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  3. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  4. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  5. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る