【豪州】「薬局で買ってはいけない」製品に磁気サポーター

薬局(ドラッグストア)が取り扱う製品は医薬品だけでなく、衛生用品やサプリメント、お菓子、日用品など多岐に渡る。その中には誇大表示の製品、健康被害の恐れのある製品、高価だが価値のない製品もあるとして、豪州の消費者団体CHOICE(チョイス)は「買ってはいけない10製品」を公表した。ほとんどが医薬品やサプリメントだが、その中には磁気サポーターも入っていた。

同国の薬局では、痛みを緩和する代替療法の一つとして、ひざ用、足首用、ひじ用、背中用の磁気サポーターが販売されている。これらの製品について、チョイスは「磁気療法の有効性を示す科学的研究は非常に少ない」と指摘。有効性を認めた研究も一部にあるが、多くの研究者は優れた証拠はないと判断していると伝えた。

磁気サポーターの効果の一部は、バンド部分からの圧迫と各部位を支えるサポート力からくる可能性が高く、チョイスは「磁気サポーターが普通のサポーターよりも優れていることを示す科学的証拠はなく、価格は普通のサポーターの2倍以上する」としている。

そのほかの買ってはいけない製品として、医薬品以外では、子供用ビタミングミ(虫歯になる)、子供用ヤギのミルクグミ(タンパク質・カルシウムが少なく補給源として役不足でお金の無駄)、肩こり用サプリメント(口から摂取した成分が特定の部位にだけ作用することはない)など。チョイスは「薬局は健康のために役立つ商品を販売していると思いがちだが、カウンターの奥の医薬品以外はそうとは限らない」と注意を呼びかけている。

関連記事

新着記事

  1. コンシューマーリポート
    蚊やダニが媒介する感染症の防止に欠かせない虫除け剤--。子どもを守るために必要だとわかっているものの...
  2. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  3. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  4. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...
  5. 東京都消費生活対策審議会
    成年年齢引き下げに伴う若年者被害を防ぐため、東京都は5月21日、消費生活対策審議会を開き、都が取り組...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る