コロナで食事ままならず 米国人の2割がフードパントリー利用

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

コロナ禍で失職するなどして生活が困窮し、米国人のおよそ5人に1人がフードパントリーやフードバンクを利用していることが11月2日、消費者団体コンシューマー・リポートの最新調査でわかった。約半数がこの1年間に食品提供プログラムを利用していない新規利用者で、担当者は「この状況は2008年の金融危機よりも壊滅的だ」とコメント。「食事がままならない場合は恥ずかしがらずに援助を受けてほしい」と呼びかけている。

全国2000人以上の成人を対象とした最新調査によると、パンデミック発生後、19%の人がフードパントリーやフードバンクなどの食品提供施設を利用し、そのうちの約半数がこの1年間に食糧援助を受けたことのない新規利用者だった。生活困窮は有色人種で深刻化していて、アフリカ系米国人の35%が食料援助を受け、そのうちの36%が新規利用者だった。ヒスパニック系米国人の利用割合は22%だったが、新規利用者は61%にのぼった。一方、白人の利用割合は15%で、新規利用者は約半数だった。

米国最大の飢餓救済団体Feeding Americaによると、今年3~6月のフードバンク新規利用者は全体の約40%で、8月までの総利用者数は前年比60%増と急増した。パンデミックにより現在、子ども1700万人を含む5000万人が食料不安に陥っているという。

フードパントリーやフードバンクはすべての食料を寄付で賄っているわけではなく、不足分を市場からのまとめ買いで調達している。調達価格はパンデミック前の1ポンド(約453グラム)当たり87セントから現在は1.1ドルと26%も高騰。輸送コストや梱包費用も値上がりしており、資金不足で運営担当者が解雇される悪循環に陥っているという。

冬は食料不安が最も高まる時期にあたり、コンシューマー・リポートは余裕のある消費者に対し、飢餓救済団体へのボランティアや支援を呼びかけた。現金での寄付を優先し、食品を提供する場合はたんぱく質の豊富な常温保存可能な食品(豆の缶詰、ツナ缶、ナッツバター、全粒パスタなど)が喜ばれるとした。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. ニッポン消費者新聞2021年1月1日号
    特集 食品表示デジタル化 9万食品対象に実証実験 消費者庁、12月中旬まで ~スーパーc
  2. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア連邦裁判所は11月29日、雇用関係に関する助言サービス事業者「エンプロイシュア(Empc
  3. スマートフォン
    英国の消費者団体Which?は11月24日、ほぼすべてのインターネット接続製品にセキュリティ対策を求c
  4. vzbv
    修理代が高く、修理する場所も少ないなどの理由から靴の多くが捨てられているとして、ドイツの消費者団体vc
  5. 主婦連サプリメント学習会
    薬害防止活動に尽力する薬剤師の藤竿伊知郎さんが11月24日、主婦連合会主催の学習会で講演し、健康食品c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る