【英国】アイロンがけ不要!? 膨張式乾燥機をレビュー

ユニークな生活家電を世に送り出し、各国のテレビショッピング業界では知られた存在となっている英国JML社。同社が販売する膨張式乾燥アイロンについて、消費者団体Which?が商品レビューを実施した。重労働のアイロンがけから消費者を開放する画期的製品かどうか、検証している。

which

膨張式乾燥アイロンの商品レビュー動画。16日にYouTubeで公開し、3300回以上再生されている(18日現在)

製品名は「Aero 360 Pro」。洗濯後の濡れたシャツを内側から360度膨張させて、熱風で乾燥しながらしわを伸ばす仕組み。価格は80ポンド(約1万2000円)で、中価格帯のアイロンと同程度。上着のみが対象で、ズボンやドレスには使用できない。

肝心の性能だが、幅はおよそ50センチとアイロン台よりも場所を取らない。シャツをセットするのに数分かかるが、作動中はハンズフリーでその場にいる必要はない。手作業のアイロンがけに要する平均時間はシャツ1枚当たり6分42秒だが、この製品は約10分。仕上がりは生地が薄くても厚くても良好で、しわがなくなり乾燥していた。特にアイロンがけが難しい腕部分の仕上がりが良かった。

一方でポケットや衿、袖口は、製品の構造上、好仕上がりとは言えず、頑固なしわに対しても十分な効果を発揮できなかった。また、ダイヤルを5分に設定しても使用時間が3~7分とばらつきが発生。さらにヘアドライヤー並みの音が出て「かなりうるさい」(テスト担当者)といい、使用中・使用直後は製品が高温になるため注意が必要だった。

Which?は「購入するかどうかはアイロンがけをどの程度面倒に思うかによる。総合的にアイロンがけほど手間はかからず、乾燥からしわ取りまで数分でおこなう。ある程度の仕上げで満足なら、この製品でもうまくいく。。ただし、完璧な仕上がりを求めるなら、結局はアイロンがけが必要になる」とコメントした。Which?による商品レビューは動画投稿サイトから閲覧できる。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ジャンプ式折りたたみ傘
    国民生活センターは9月12日、ジャンプ式折りたたみ傘による危害・危険情報が、同センターが11年前に注...
  2. パブリック・シチズン
    米国の非営利団体パブリック・シチズンのホームページが教育省のWiFiと職員専用ネットワークで閲覧でき...
  3. 製造元不明のガストーチバーナ
    メーカー名の記載がない安価なガストーチバーナによる火災が相次いでいるとして、東京消防庁が注意を呼びか...
  4. 消費者庁かわら版
    消費者庁は9月12日、最近の消費者被害事例の動向を踏まえ防止対応などを盛り込んだ「消費者行政かわら版...
  5. 国民生活センター
    国民生活センターは9月12日、過去10年間で60歳以上の消費者からの相談件数が43万件となり、初めて...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  4. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  5. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る