カンゾコーワの表示 興和は「優良誤認に該当し難い」と回答

専門商社の興和(名古屋市)が販売する健康ドリンク「カンゾコーワ」の「『飲み会』を科学する」などの表示を問題視し、特定適格消費者団体の消費者支援機構関西が差し止めを申し入れていた問題で、機構関西は10月12日、同社からの回答文書を公表した。興和側は優良誤認表示には該当しないと主張し、機構関西の認識とは対立する形となった。一方で同社はラベルや包装材などの変更について検討を進める考えを明らかにした。

カンゾコーワ申し入れ

カンゾコーワの飲料・粒タイプ。優良誤認表示にあたるのか、双方の主張は対立している(商品画像は興和プレスリリースより)

10月1日付けで届いた回答文書によると、カンゾコーワ(ドリンクタイプは清涼飲料水、粒タイプは栄養補助食品)は「いわゆる飲み会等で偏りがちな栄養バランスを補うことを念頭に開発」した商品だとし、「飲酒による身体へのダメージを想起させる表現やアルコール飲料等の描写を一切行っていない」と主張。

「医薬品的な作用(アルコールの分解や二日酔い防止など)を期待させない配慮をしている」としたほか、販促資材でも「栄養バランスをサポートする清涼飲料水」との注意書きをするなどの措置を講じていると回答し、「優良誤認表示に該当し難い」との考えを示した。

一方で、機構関西の指摘を踏まえ、ラベルや包装、販促資材の変更について検討を進めると回答。また、機構関西が指摘する表示の問題点について「判然としない点がある」として、具体的に説明するよう回答を求めた。

機構関西はカンゾコーワの▽「飲み会」を科学する11種の成分▽よく飲む人に▽医薬品メーカーが飲み会を科学しました▽飲むぞ!行くぞ!Kanzo!――などの複数の表示について、景品表示法で規定する「実際よりも著しく優良であると誤認される表示」にあたるとして9月3日、表示の差し止めを求める申し入れを行っていた。

回答文書について、機構関西は「内容を精査して、今後の対応を検討していく」としている。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自動車の安全評価試験を実施するユーロNCAPが2022年ベスト・イン・クラス(クラス最高車)を発表しc
  2. ACAPわたしの提言表彰
    公益社団法人消費者関連専門家会議(ACAP)は1月19日、「2023年新春講演会」を都内で開き、「Ac
  3. NCL
    米国最古参の消費者団体、ナショナル・コンシューマー・リーグ(NCL)は2月6日、2022年版トップテc
  4. アンケート調査
    日本産業協会(矢島良司会長)は2月1日、2022年度消費生活アドバイザー資格試験に478人が合格したc
  5. エシカル甲子園
    徳島県が主催し、消費者庁が後援する「エシカル甲子園」。その今年度優勝校と特別賞受賞校の2校が1月24c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る