地域の見守りで消費者被害根絶を 埼玉県消費者大会で大野知事

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

今年で56回目となる埼玉県消費者大会が10月16日、オンライン開催され、挨拶に立った大野元裕知事は消費者被害の根絶に向けて消費者団体に協力を呼びかけた。特に高齢者と未成年者への見守り・啓発活動の重要性を強調し、地域関係者と連携して消費者被害防止サポーターの育成や消費者安全確保地域協議会の設置を進めていく考えを示した。

大野元裕知事挨拶

埼玉県消費者大会であいさつする大野知事。地域と連携して消費者被害の根絶を目指すと語った(16日、YouTubeライブ配信映像より)

昨年度の県内消費生活相談は5万件を超え、通信販売、マルチ商法、マルチまがい商法の苦情が増加していた。大野知事は「その多くがインターネットが舞台となっている。ウイズコロナ時代にネット商取引のさらなる進展が見込まれる中、不慣れな高齢者が姿の見えない相手に翻弄される状況が懸念される」と指摘した。

また、激変する社会環境の一つに民法改正による成年年齢引き下げを取り上げ、未成年者への被害防止活動の重要性を強調。「インターネット商取引では不慣れな未成年者がトラブルに巻き込まれる状況になっている」とし、重点的な啓発活動に取り組んでいくとした。

県は昨年度、全国第2位となる15件の行政処分を実施。大野知事は「県は悪質事業者を絶対に許さないという徹底した処分を行った。日頃、消費者問題に向き合っている消費者団体には被害根絶に向けた協力をお願いしたい」と呼びかけた。

同大会は県内23団体で作る実行委員会の主催。今回は午後の分科会を取り止めてコンパクト化し、オンラインライブ配信での開催にこぎつけた。会場には実行委員会団体のみが参加、ライブ配信では160人超が視聴した。各団体は今後、コロナ禍での新たな形の消費者運動を展開していくとしている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号発刊しました

新着記事

  1. 身のまわりにある危険講演会
    大阪府と大阪市は5月13日から、消費者月間講演会「身のまわりにある危険~知って守りましょう、安全なくc
  2. sns
    県中心地域を担当する静岡県中部県民生活センターは5月10日、2020年度消費生活相談概要を取りまとめc
  3. ゴマ
    米国で、ゴマをアレルギー表示義務の対象とする法的手続きが進んでいる。 米下院は4月14日、ゴマc
  4. 東京地方裁判所
    機能性表示食品の情報公開請求訴訟の第11回口頭弁論が4月27日、東京地裁で開かれた。 前回は原c
  5. PL対策推進協議会第二回大会
    PL研究学会(大羽宏一会長)の協賛団体でリコール体制の整備や製品事故の未然防止活動に取り組むPL対策c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る