The best is yet to be 岡村長官、最後の会見で

消費者庁・岡村和美長官は7月3日、就任期間中の最後の定例記者会見に臨み、「いのちの価値を重視し、多様性を尊重する、そのような気持ちを大事にしている」と自身のこれまでの施策理念を語った。「The best is yet to be」(最上のものは未来にある、これからだ)とも述べ、未来が今より良くなるように、いま、努力を重ねることを消費者庁職員への期待として表明した。岡村長官は7月9日付けで3年間勤めた消費者庁長官を退任する。

岡村和美長官

長官として最後の定例記者会見に臨んだ岡村和美長官(3日、消費者庁にて)

最後となった定例記者会見で岡村長官は、7月に入ってからの西日本を中心とする豪雨災害について被災者へのおくやみと被災防止への避難行動を求めた。また、自身の7月9日付け長官退任について、「消費者庁はまだまだ成長過程の役所。これからの成長に期待している」と述べた。

3年間の就任期間は歴代長官の中で最長となるが、「3年は短い期間だった」とし、「消費者が安心して安全で豊かな消費生活を実現し、誰一人取り残さない社会の実現へ向け、新しい役所として開拓者精神を発揮していく消費者庁の活躍に期待する」と強調した。

その上で、「The best is yet to be」(最上のものは未来にある、これからだ)とも述べ、今よりも、より良くなる社会をめざした努力を職員に期待していることを表明した。

また、法と証拠に基づく法執行の重要性を説明しつつ、「消費者の権利をないがしろにする悪質事業者にはマーケットからの撤退を求め、厳しく対応してきた」とした。

3年間の法執行案件については「一つひとつの事件にドラマがある。証拠に基づく行動を実践する中で、被害を受けた消費者には一刻も早く被害に気付いて欲しいとの思いだった」と振り返った。自身の取組の基本理念について岡村長官は「いのちの価値を大切にし、多様性を尊重すること」とし、その気持ちはいつまでも変わらないと説明した。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 加熱式たばこ警告表示
    JTは12月5日、加熱式たばこ「プルーム」ブランドの16銘柄について、パッケージデザインをリニューア...
  2. 日本消費者連盟
    日本有機農業研究会や日本消費者連盟、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンなど消費者・農民団体は「...
  3. 成年年齢引下げを考えるIN KYOTO
    京都の大学生が企画運営した公開ラジオ放送のトークイベント「成年年齢引下げを考える in KYOTO~...
  4. 自動車
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は12月3日、タカタ製エアバッグのリコール率が85%に達...
  5. ダイドー紙おむつ自動販売機
    ダイドードリンコや大王製紙など3社はこのほど、茨城県潮来市の道の駅「いたこ」に飲料とコラボしたベビー...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る