「アレルゲン光触媒分解は不当表示」 マスク4社に措置命令🔓

消費者庁は7月4日、「花粉を水に変えるマスク」「付着した菌やウイルス、花粉などを二酸化炭素と水に変える」「光触媒で分解」などと記載している「光触媒加工マスク」の表示に対し、景品表示法の優良誤認にあたるとして販売4社に措置命令を下した。消費者庁が表示の根拠とする資料提供を4社に求めたものの、提出された資料はどれも表示の合理的根拠が認められるものではなかったとしている。

景表法違反が指摘されたマスク

不当表示で行政処分を受けた「光触媒を利用したマスク」群(4日、消費者庁にて)

4社のうちアイリスオーヤマは当該製品の販売を中止。大正製薬は「消費者庁の措置命令は遺憾。当社の提出資料を無視したもので今後法的対応も検討していく」とコメントしている。

景品表示法で禁止している優良誤認表示を実施していたと判断されたのはDRC医薬の「花粉を水に変えるマスク」、アイリスオーヤマの「光の力で分解するマスク」、大正製薬の「パブロンマスク365」、玉川衛生の「フィッティ吸着分解マスクスーパーフィット」の4社製品。

いずれも製品パッケージに「花粉を水に変える」「ウイルスなどを…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
ジー・サーチ データベースサービス
日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 震災関連
    消費者庁・伊藤明子長官は11月13日定例記者会見で、台風15号や19号などの災害発生後の生活再建期に...
  2. 除雪機注意喚起
    消費者庁は11月15日、死亡事故などの重大事故が毎年発生している「歩行型ロータリ除雪機」について、デ...
  3. アメリカ消費者連合
    消費者ローンの上限金利を36%に制限する「退役軍人及び消費者公正信用法」(the Veterans ...
  4. 栄養成分表示
    2015年4月に包装した加工食品への表示が原則義務付けられた「栄養成分表示」について、4割近くの人が...
  5. コイン
    特定適格消費者団体の消費者支援機構関西(大阪市中央区、藤井克裕理事長)は11月6日、外国株式の国内店...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  2. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  3. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  4. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  5. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る