歩きスマホでけが 5年で201人救急搬送 東京消防庁管内

歩行中や自転車走行中の「歩きスマホ」に関する事故で、2018年までの5年間に東京消防庁管内で201人が救急搬送されたことがわかった。人や自転車などに「ぶつかる」事故が最も多く、「落ちる」事故ではホームから線路に転落する事例もあった。同庁は「自分自身がけがをするだけでなく、周囲の人にけがを負わせることもある」として、立ち止まって安全な場所で使用するよう呼びかけている。

負傷者の内訳は「歩きながら」が165人、「自転車に走りながら」が35人など。8割が軽傷だったが、39人が入院が必要と診断された。すべての年代で事故が起きていたが、20歳代が40人と最も多く、以下、30代が39人、50代が31人と続いた。

ぶつかる事故が86人と最も多く、「スマホを見ながら歩いていたところ、後部ドアが開いた配達車両に気付かず、頭部をドアにぶつけて受傷をした」(20代)などが発生。ころぶ事故は62人で、「マンションのロビーで携帯電話を見ながら歩いていたところ、高さ約20センチの段差に気付かず転倒し、足首を受傷した」(50代)など。落ちた事故では「飲酒後に帰宅途中、駅のホームでスマホを操作していたところ、誤って線路に転落した」(50代)という事例も起きていた。

自転車の運転中に携帯電話を使用することは東京都道路交通規則で禁止されており、5万円以下の罰金が科せられる。同庁によると、歩きスマホをしている人に接触して周囲の人がけがをする事故も多く発生しているという。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ダイドー紙おむつ自動販売機
    飲料大手のダイドードリンコは2月18日、徳島県美馬市の道の駅「みまの里」にベビー用紙おむつ自動販売機...
  2. 栄養スコア
    英国の信号方式表示を参考に、フランスが開発した栄養評価ラベル「栄養スコア(Nutri-Score)」...
  3. 香港消費者委員会
    消費者団体の香港消費者委員会は2月17日、ヨガマット30製品の商品テスト結果を公表し、一部の製品から...
  4. 東京都食品安全情報評価委員会
    健康食品の利用が若年層にも広がり、女子高生らが安易にダイエットサプリメントを摂取する傾向が強まってい...
  5. ACAP消費者志向活動表彰式
    ACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、村井正素理事長)は2月17日、都内千代田区の経団連会館で...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る