古いガスこんろは買い替えを 安全装置ない製品で事故多発

誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(製品評価技術基盤機構)の調べでわかった。天ぷら調理中にその場を離れて発火したり、放置した油汚れに引火したりする事故が起きているほか、安全装置の付いていない古いこんろよる事故も目立った。NITEは「ガスこんろの事故は火災に直結し、やけどなどの被害につながりやすい」として、適切な使用と安全性の高い製品への買い替えを呼びかけた。

NITEガスこんろ事故

油汚れの付いたグリルで発火。扉を開けると炎が大きくなるため、消えるまで開けないこと(NITE再現実験より)

ガスこんろの事故は2013~18年度の6年間に225件あり、そのうち99件が誤使用によるものとわかった。誤使用による事故で1人が死亡、28人が重軽傷を負い、96件で火災となっていた。

誤使用で目立ったのは▽調理油が過熱して発火(24件)▽グリルの消し忘れなどで庫内の食材が発火(22件)▽こんろ周囲の可燃物が発火(18件)▽グリル庫内の油脂・食品カスが発火(15件)――など。また、99件の事故のうち92件(93%)は安全装置のない古い製品を使っていた。

ガスこんろは08年に安全装置の搭載が義務付けられ、天ぷら油が高温になると自動消火する「調理油過熱防止装置」と煮こぼれで火が消えた際にガスを遮断する「立ち消え安全装置」が標準装備された。これらに加えて、消し忘れ消火機能や焦げつき消火機能など、メーカー独自の安全機能を装備した製品も次々と登場している。

安全機能を高めた製品の普及により、これまで事故は減少傾向が続いてきたが、2016年度の24件を底に17年度27件、18年度37件と増加に転じていた。増加の理由について、NITE製品安全センターの向井祐太主任は「高齢化の進展に加えて、2008年の規制開始から10年が経過したところでの製品寿命の可能性も考えられる」と説明した。

NITEが示した事故防止ポイントは▽調理中はその場から離れない▽近くに燃えやすいものを置かない▽衣服への着火に気をつける▽グリルは使用後、こまめに掃除する▽グリル庫内で食材が発火した時は扉を開けない▽煮こぼれ・油汚れはきれいに拭き取る――など。08年以前の古い年式の製品を使っている場合は買い替えの検討を呼びかけた。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ダイソン偽サイトトップページ
    実在の通信販売サイトをかたった偽サイトなどに対し、消費者庁は10月21日、当該サイト名を公表し、被害...
  2. rice
    消費者庁は10月20日、農産物の検査規格見直しに伴い、玄米、精米の表示制度の見直しも必要になることか...
  3. ダイドー足操作自動販売機
    コロナ禍の公衆衛生意識の高まりを受け、ダイドードリンコが足による操作で購入できる「足操作自動販売機」...
  4. 脚立の誤使用事例
    脚立やはしごで作業中、バランスを崩すなどして転倒・転落する事故が2019年度までの10年間に398件...
  5. 香港消費者委員会
    消費者保護機関の香港消費者委員会は10月15日、市販の乾燥スパイス37点をテストした結果、約2割から...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る