全国消団連「国際活動専門委員会」再始動 CIと連携強化へ

全国消費者団体連絡会(全国消団連)は3月15日、世界消費者権利デーを記念する学習会「消費者をとりまく『デジタル金融サービス』の現状と課題」を開催した。

国際消費者機構(CI)が設定した権利デーのテーマに合わせた学習会で、企画したのは昨年5月に活動を再開した全国消団連「国際活動専門委員会」。コロナ禍にCIとのオンライン交流が活発化したことなどから再始動させたといい、全国消団連事務局は「CIの日本に寄せる期待は大きい。デジタル化の進展に伴う消費者課題は世界共通であり、今後もCIとの連携を深めていきたい」と語った。

開催日、開催テーマとも世界消費者権利デーに合わせた学習会は今回が初の試みだという。

世界消費者権利デー学習会

「世界消費者権利デー当日に開催することに意義がある」――。カライスコス・アントニオス京大大学院准教授の賛同を得て開催された学習会の様子(写真はWEB画像)

学習会には全国から約100人がオンラインで参加。京都大学大学院法学研究科准教授のカライスコス・アントニオスさんがデジタル金融サービスの現状と課題について国際的な視野から講演した。

コロナ禍でキャッシュレス決済が普及する中、アントニオスさんは高齢者など脆弱な消費者が排除・差別される危険性、個人データに関する透明性の問題など様々な課題を示し、今後の方向性としてデジタル金融サービスにも標準(ISO)の活用や使い過ぎなどを防止する「デジタルウェルビーイング」が重要になると解説。そして「最後はやはり消費者市民社会。自分が現在使っているデジタル金融サービスのあり方が将来の世代に及ぼす影響、社会に及ぼす影響、世界に及ぼす影響、持続可能性や公正性に及ぼす影響を常に認識し、世界に情報発信してほしい」と呼びかけた。

記念講演会を実現させた国際活動専門委員会(加藤絵美委員長)は、全国消団連加盟団体から手を挙げた英語が堪能な8人の有志で構成。コロナ禍の2000年度以降、CIからオンライン意見交換の要請が急増し、当初、全国消団連事務局で対応してきたが、専門委員会の活動再開に合わせて委員も合流したという。交流は年2~3回、不定期に開催され、CIからはマリムトゥ・ナダソン会長(マレーシア消費者協会)やヘレナ・ローレン事務局長が参加している。

今回の記念学習会については、すでにCIに報告済み。全国消団連事務局は「デジタルプラットフォームのあり方が世界的な問題になり、ECサイトを通じた越境商取引も激増するなど、海外との連携が欠かせないとの認識は以前からあった。多忙な委員の協力を得ながらの再始動となるが、CIが日本に寄せる期待も大きい。日本からの情報発信を強めていきたい」としている。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. パブリック・シチズン
    企業の犯罪履歴をデータベースで閲覧できるようにする「企業犯罪データベース法案」が提出されたことを受けc
  2. 消費者庁
    消費者庁は食品衛生の監視指導強化が実施される年末、食品の表示・広告の適正化をめざして都道府県等と連携c
  3. 第一生命経済研究所
    第一生命経済研究所ライフデザイン研究部はこのほど、「新型コロナ生活調査」の結果を発表した。この3年間c
  4. アルミ缶リサイクル協会50周年
    来年2月7日に創立50周年を迎えるアルミ缶リサイクル協会は12月2日、都内で記念式典を開いた。経済産c
  5. JARO山本一広さん
    日本広告審査機構(JARO)専務理事・山本一広さんインタビュー ◎消費者意見踏まえ悪質広告・表示排c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る