米製品安全当局、50年の軌跡 冷蔵庫閉じ込め事故ほぼゼロに

創設50周年を迎える米消費者製品安全委員会(CPSC)は3月15日、これまでの製品安全対策の歴史をまとめた動画や特設ページを公開した。SNSにも「#CPSC50」を設定し、特設ページへのへアクセスを呼びかけている。

CPSCはニクソン政権時の1972年10月27日に誕生した独立規制機関。消費者製品による死亡・重傷事故を減らすため、5人で構成する委員会が与えられた権限に基づき、安全基準の策定、リコールの促進、危険な製品の禁止措置に取り組んできた。

特設ページでは、これまでの製品事故と安全対策の軌跡を紹介。1973年~84年にかけて96人の子どもが窒息死した冷蔵庫閉じ込め事故については、冷蔵庫安全法に基づいて規制を強化し続け、最新の改正は2007年。直近25年間の死亡事故は2件となり、「冷蔵庫の閉じ込めによる事故はほぼゼロになった」と振り返った。

また、1982年~90年に46人の子どもが亡くなったガレージドア巻き込み事故は91年の安全基準の導入により、この10年間で死亡2件と大幅に減少。2011年に安全基準を強化したベビーベッドでは、死亡者が1973年から2018年までに80%近く減ったという。このほかベビーウォーカーでの重傷事故、子どもの中毒事故、自転車の重症事故などへの安全対策事例を紹介している。

CPSCは「消費者に対する安全性は高まってきたが、次の50年間はさらに多くの課題に取り組む必要がある」と強調。幼児にとって最大の脅威であるプール・スパの溺死事故、毎年80人近くが死亡しているポータブル発電機による一酸化炭素中毒事故、乳幼児用製品における睡眠中の窒息事故などをあげた。

CPSCはメリーランド州ベセスダに本部があり、同州ロックビルに試験・評価施設を所有。貿易港をはじめ全国に職員やスタッフを配置し、厨房用品からおもちゃ、運動器具など数千種類もの消費者製品の安全性を監視している。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 秦好子さん
    エコ・防災コンサルタント、主婦連合会常任幹事 秦好子さんインタビュー ◎横浜市初の女性消防職員 平c
  2. sns
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は1月27日、ソーシャルメディアのインフルエンサーによるc
  3. ウスターソース類テスト
    ◎北海道立消費生活センターが20銘柄テスト 健康志向の高まりを背景に、中濃ソースやとんかつソースなc
  4. 国民生活センター
    ◎国民生活センターがチェックポイント提示 被害に遭ったら迅速対応必要 デジタル社会の影の象徴か、偽c
  5. コンシューマーリポート
    1日に2回は口の中に入れる歯ブラシ――。米国の消費者団体コンシューマー・リポートは歯ブラシを清潔に保c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る