【香港】鉛混入事件に便乗 浄水器の訪販トラブル相次ぐ

3年前に水道水から基準値を超える鉛が検出され、大騒動となった香港で、浄水器に関するトラブルが多発している。消費者団体の香港消費者委員会は10月15日、健康不安をあおり浄水効果を誇張するなどして高額な契約を結ばせる事例が相次いでいるとして注意を呼びかけた。電解水を飲んだ家族全員が健康被害も起きている。

香港では鉛水事件以降、ろ過装置や浄水器の需要が高まっており、これに便乗した商法が横行している。主な手口は政府機関を装って「水質検査に来た」と訪問し、言葉巧みに高額な浄水器を売りつけるというもの。消費者委には「野菜や果物の残留農薬を除去できると説明されて、電解水装置を3万3千ドル(約46万円)で購入したが、電解水を飲んだ家族全員が2日後に下痢と頭痛になった。飲用にも利用できると言われた」との被害事例も報告された。

消費者委は「セールストークを信じてはいけない。説明に疑問を感じるときは書面などの証拠を保管しておいてほしい」と呼びかけている。

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 郵便ポスト
    企業の消費者担当部門の担当者などで構成するACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、村井正素理事長...
  2. ホワイトハウス
    米環境保護局(EPA)は7月17日、大気汚染に関する年次報告書をまとめ、大気汚染防止法が制定された1...
  3. コイン
    「利用料金が未納」などのメッセージをSMSで送り付け、電話をかけてきた消費者にニセの消費生活センター...
  4. 国民生活センター
    国民生活センターはインターネットを活用した消費者からの情報収集ツールとしてホームページ上に設置してい...
  5. 家電製品PLセンター
    家電製品事故をめぐる裁判外紛争解決手続機関「家電製品PLセンター」(丸子哲也センター長)がまとめた2...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  4. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  5. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る