風呂釜、給湯器はユーザー登録を 事故防止へ点検呼びかけ

10年以上使い続けた風呂釜や給湯器などの製品事故が今年3月までの5年間に383件起きていたことが10月25日、NITE(製品評価技術基盤機構)の調べでわかった。これらの製品は2009年4月に始まった「長期使用製品安全点検制度」の対象で、ユーザー登録すると事業者から点検の通知が届く。現在の登録率は約39%にとどまっていて、NITEは「制度の対象となっている製品は部品が劣化するなどして重大事故が起きるおそれがある。火災になると他人にも危害が及ぶことになるため、すぐに登録を行ってほしい」と呼びかけた。

NITE記者発表

制度開始からもうすぐ10年。メーカーによる点検が本格始動するのを前に、消費者にユーザー登録を呼びかけるNITE(25日)

長期使用製品安全点検制度は、経年劣化による重大事故が起きるおそれのある9製品を「特定保守製品」に指定し、事業者による点検を促す制度。多くの製品が標準使用期間を10年と設定しているため、登録済みの購入者の一部には点検の案内が届いている可能性がある。

特定保守製品には風呂釜や給湯器のほか、浴室用電気乾燥機、食器洗い機などがあり、10年以上使い続けると部品が劣化し、漏れ出した灯油やガスに引火したり、ほこりやすすが付着して異常燃焼を起こしたりする可能性がある。NITEの調査では、ガス・石油風呂釜(213件)、石油給湯器(68件)、ガス瞬間湯沸かし器(65件)、浴室用電気乾燥機(17件)の順に事故が多かった。

09年3月以前に製造・輸入された製品は制度の対象外となり、所有者自らの判断で点検を依頼する必要がある。NITEは特定保守9製品の購入者にユーザー登録を呼びかけるとともに、「制度対象外の古い製品についても安全上、今すぐ点検を受けてほしい」としている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. お断り
    エアコンに使われているフロンガスを巡り、「2020年から使用できなくなったので交換しなくてはならない...
  2. 欧州消費者同盟
    南アフリカの医薬品メーカー、アスペン(Aspen)が欧州で販売する6種類の抗がん剤価格を平均73%引...
  3. ヱビスビール
    日本ブランドの輸入プレミアムビール人気が高まっているとして、サッポロビールは7月13日、同社主力ブラ...
  4. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県立消費生活総合センターは8月5日~7日にかけて、小学生とその保護者を対象とした消費生活講座「小...
  5. 国民生活センター
    電力は4年、ガスが3年経過した小売り全面自由化。国民生活センターはこのほど、電力・ガスの小売りに関す...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る