こんなに多いとは… 電気ポットによる子どものやけど76件🔓

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

電気ポットを倒したり、蒸気に触れたりして子どもがやけどをした経験を持つ保護者が7.3%(76件)に上ることが10月23日、東京都のアンケート調査でわかった。保護者13人中1人の割合でやけどが発生している結果となり、報告を受けた事業者団体は「業界には事故事例が1件も入ってきていないため、数の多さに改めて驚いた」とコメントした。都は現在、消費者団体や有識者などで作る協議会で電気ポットの安全対策を議論していて、今回のアンケート結果を基に実効性のある取り組みを打ち出す方針だ。

東京都商品等安全対策協議会

電気ポットの安全対策を議論する東京都商品等安全対策協議会。消費者団体、事業者団体、有識者、製品安全担当省庁が顔をそろえる(23日、都庁にて)

アンケート調査は8月から9月、電気ポットを日常的に使用し、6歳以下の子どもを持つ保護者1040人を対象に実施。危害やヒヤリハットについて聞いたところ、「子どもがやけどをした経験がある」との回答が76件(7.3%)あった。危害の内訳は「入院した」が8件、「病院に行った」が22件、「やけどしたが病院には行かなかった」が46件。また、やけどはしなかったものの危ないと感じるヒヤリハット経験が130件(12.5%)あり、19.8%の保護者が何らかの危害・危険を経験している結果となった。

やけど事故は▽蒸気に触れた(28.9%)▽電源コードをひっかけて転倒した(23.7%)▽子どもが給湯操作した(13.2%)――などの状況で発生しており…(以下続く)

 

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. PL研究学会製品リコール研究部会
    PL(製造物責任)に関する総合的な研究を進めるPL研究学会(大羽宏一会長)の「製品リコール研究部会」c
  2. 消費者ネットワークかごしま
    ◎九州ブロックでは5団体目 6月15日、新たに適格消費者団体が認定された。NPO法人消費者ネットワc
  3. ノリ弁情報
    ◎「不開示理由」焦点に 「消費者の権利訴訟」と位置づけ 機能性表示食品の検証データ公開を求めて東京c
  4. 消費者庁
    ◎SNS関連のトラブル急増 センターへの相談率8%台 消費者庁は6月7日、閣議決定された「令和4年c
  5. 2022年1月1日号
    特集 令和4年版消費者白書 相談件数85万件、依然高水準 ~被害推計額は5.9兆円 Sc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る