経済再開で詐欺も横行? 1~4月6204件 前年比3割増

◎架空料金請求詐欺が約2倍

全国の警察が把握した今年1月~4月の特殊詐欺は6204件、被害総額は約123億円で、前年同期と比べてそれぞれ1471件(31.1%)、23億円(23%)増加した。コロナ禍からの経済活動の本格再開に伴い詐欺も活発化している模様で、特に高齢者は一層の注意が必要だ。

警察庁のまとめによると、最も増加が目立ったのは「架空料金請求詐欺」。今年4月末までに1550件確認され、前年同期比92.8%増と約2倍となった。被害金額も35.6%増の40.1億円と最多だった。

次いで「オレオレ詐欺」が1391件(31.8%増)、被害額38億円(20.2%増)、「還付金詐欺」が1460件(19.8%増)、16.6億円(22%増)、「預貯金詐欺」が832件(17.2%増)、10.6億円(25.7%増)など。逆に「キャッシュカード詐欺盗」は808件(8.7%減)、被害額10.5億円(22.8%減)と減少した。

また、特殊詐欺被害者の82.7%が高齢者(65歳以上)だった。中でも、預貯金詐欺とキャッシュカード詐欺盗は99.5%、オレオレ詐欺は98.0%と顕著だった。高齢男性よりも高齢女性の被害が多いのも特徴的で、特殊詐欺全体では高齢男性23.6%に対し高齢女性が59.1%、預貯金詐欺では高齢男性9.9%に対し高齢女性89.7%となっていた。一方、架空料金請求詐欺の高齢被害者の割合は58.7%で、幅広い年代層で警戒が必要な詐欺手口となっていた。

直近5年の特殊詐欺発生状況は18年1万7844件、19年1万6851件、20年1万3550件、21年1万4498件、22年17570件。今年は前年を上回るペースで推移しており、周囲の見守りを含めてより一層の注意が必要な状況だ。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 欧州委員会が中国製の電気自動車(EV)に最大38.1%の追加関税を課す方針を示したことについて、欧州c
  2. sns
    静岡県内の相談窓口に寄せられた2023年度の消費生活相談件数は前年度比1.5%減の2万5719件となc
  3. 全国消団連学習会
    ◎データ利活用見すえ信頼醸成 インターネットにつながったIoT家電や住宅設備機器が普及する中、全国c
  4. 水
    全国清涼飲料連合会(全清飲)が毎年公表している「清涼飲料水統計」によると、2023年の清涼飲料水生産c
  5. PL研究学会
    日常生活の安全・安心の確立をめざすPL研究学会(大羽宏一会長)の製品リコール研究部会(渡辺吉明部会長c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る