【米国】ジャンク料金排除へ チケット取引大手も全額表示開始へ

ホテル予約やライブチケット決済時に突然、様々な手数料が上乗せされ、価格が跳ね上がるという「隠れたジャンク料金」問題――。バイデン政権がジャンク料金の排除を呼びかける中、これに賛同する企業が広がっている。チケット取引やイベント運営、ホテルなどを中心にオールインプライス(全額表示)の導入が進みつつあり、古参の消費者団体ナショナル・コンシューマー・リーグ(NCL)は「チケット業界の主要企業を交渉の場に引き入れたバイデン大統領のリーダーシップに感謝する」との声明を出した。

バイデン政権は国内市場の競争促進を重要政策に位置付けており、予期せぬジャンク料金について「様々な業界に蔓延する問題であり、ショップの比較を困難にし、競争を阻害し、消費者に負担を強いる」と問題視。「明解で透明な価格設定を提供するために行動を起こす必要がある」とし、監視の強化とともに自主的な全額表示の導入を各業界に呼びかけてきた。

これに応じたのがライブ運営のライブ・ネイション、チケット取引のチケット・マスター、民泊仲介のエアビーアンドビーなど大手マーケットプレイス。

ライブ・ネイションは3000万人以上の利用者に対して、9月から全額表示を開始することを約束。チケット・マスターもすべてのチケットを対象に全額表示が確認できる機能を追加する。エアビーアンドビーは昨年12月に全額料金が確認できるツールを導入済み。800万人を超える人がこのツールを利用し、手数料込みの価格を確認しているという。そのほか、長年にわたり全額表示を行ってきたチケット転売サイトTickPickや音楽チケット販売のDICE も呼びかけに賛同した。

バイデン政権は「招集に応じた複数社の取り組みにより、数千万人もの消費者のマーケット体験が向上することになる」と成果を強調。これに対し、2009年からチケットの高額転売問題に取り組んできたNCLは「ライブ業界の主要各社の取り組みは前向きな一歩だが、誰がどこで買おうと公平に同じ条件でチケットを入手できるよう、ジャンク料金を抑制する強力な法律が依然として必要だ」と法整備を要請している。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自動車内の空気から発がん性が指摘される難燃剤成分が検出されたという最新研究が報告されたことを受け、消c
  2. アルミカップ
    スポーツイベントや商業施設で採用が進むアルミカップのリサイクルを進めるため、アルミ缶リサイクル協会なc
  3. サロン専売商品
    ◎サロン専売商品の一部に「生産ロスZEROプロジェクト」導入 アートネイチャー(東京都渋谷区、五十c
  4. 金融庁
    金融庁は6月25日、金融機関からの報告をもとにインターネットバンキングによる預金の不正払戻し状況をまc
  5. 東京都「悪質事業者通報サイト」
    都民からの通報を受け付け、悪質事業者の取り締まりや監視につなげる東京都の「悪質事業者通報サイト」の2c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る