暖房器具の事故、7割で火災発生 5年間に107人死亡

暖房器具による事故で火災が起き、2017年度までの5年間に107人が死亡したことが11月22日、NITE(製品評価技術基盤機構)の調べでわかった。火災が起きた暖房器具は石油ストーブやヒーター、こたつなど様々で、高齢者が巻き込まれる事例が目立った。洗濯物などの可燃物を近づけたり、就寝時に使用したりしないよう注意を呼びかけている。

石油ファンヒーター

カートリッジタンクから漏れたガソリンに引火し、炎に包まれる石油ファンヒーター(NITEの再現実験により)

NITEによると、暖房器具の事故が5年間に1064件あり、770件(72%)で火災が発生。死者は107人に上り、74人が重傷を負った。死者数が多い製品は、石油ストーブ(47人)、電気ストーブ(34人)、石油ファンヒーター(13人)、こたつ(6人)、電気マット・カーペット(4人)などの順。死亡事故の7割を70歳以上の高齢者が占めていた。

一方、重傷被害が多い製品はゆたんぽ(24人)で、低温やけどを負うケースが目立った。

今年1月、栃木県で男性が死亡する火災が発生。石油ストーブのカートリッジタンクのふたを十分に閉めなかったため、ストーブにセットする際に灯油が漏れ、高温の燃焼部分にかかって引火したとみられた。16年11月には愛知県の80歳代男性が死亡する火災が起き、ヒーター付近の可燃物が発火したことが原因とみられた。

NITEは「毎年同様の事故が繰り返し起きていて、なかなか無くならないのが実態だ」と指摘し、再度、正しい使用を呼びかけた。

■主な製品の死亡事故発生状況

  • 電気ストーブ…可燃物の接触
  • 石油ストーブ…カートリッジタンクのふたの閉め忘れ・閉めつけ不良、可燃物の接触、ガソリンの誤給油、製品の取り付け不良、故障品を使用、ほこり付着による不完全燃焼
  • 石油ファンヒーター…ガソリンの誤給油

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 多重債務問題懇談会
    2006年12月の改正貸金業法の成立以降、減少してきた多重債務者数の横ばい傾向が鮮明になった。金融庁...
  2. 誇大広告により販売されていたSynovia
    米連邦取引委員会(FTC)は12月5日、健康食品製造販売業者AS Research、LLC(ASR、...
  3. 加熱式たばこ警告表示
    JTは12月5日、加熱式たばこ「プルーム」ブランドの16銘柄について、パッケージデザインをリニューア...
  4. 日本消費者連盟
    日本有機農業研究会や日本消費者連盟、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンなど消費者・農民団体は「...
  5. 成年年齢引下げを考えるIN KYOTO
    京都の大学生が企画運営した公開ラジオ放送のトークイベント「成年年齢引下げを考える in KYOTO~...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る