食品のカビ「全滅は無理、増やさない対策を」 都民講座に40人

冬でも、みかんや餅に発生するカビ――。東京都健康安全研究センターは11月26日、食品を汚染するカビの実態と発生を防ぐ方法について学ぶ食の安全都民講座を開催した。講義を行ったNPO法人カビ相談センターの高鳥浩介理事長は「カビはどこにでもいて、衣食住のどこにでも生える。食環境からカビを全滅させることはできないので、増やさないことを意識して衛生管理をおこなってほしい」と呼びかけた。

カビ相談センター高鳥浩介理事長

カビ対策は「増やさないこと」。定期的な清掃を呼びかける高鳥浩介理事長(26日、東京都健康安全研究センターにて)

講座には消費者や食品事業者など、定員となる約40人が参加。様々なカビを顕微鏡で観察する実験も予定され、同センターの野口俊久健康情報解析担当部長は「これだけのカビを一度に観察できる貴重な機会。身に付けた知識を家庭や職場に持ち帰り、役立ててほしい」と挨拶した。

高鳥理事長によると、空気1立方メートル当たりのカビの数は100~500個、特にホコリには1グラム当たり10万~100万個も生息し、食品などに付着して増殖するという。食品ごとに発生するカビは決まっており、アオカビは穀類、赤カビは果物や麦、黒カビは飲料、カワキコウジカビは塩分の多い漬物などを好む。高鳥理事長は「カビにとって都合のいい食品に特定のカビが生える。保健所を対象とした調査では、菓子や飲料をはじめ野菜、果物、魚、総菜など様々な食品でカビの苦情が寄せられていた」と報告した。

カビは熱に弱く、50℃を超えると秒単位で死滅していく。一方で、低温には比較的強く、冷蔵(4~10℃)では活動が停滞するもののゆっくりと生え、冷凍状態では生えることはないものの死滅しないという。また、根を張ったカビは数カ月以上も生きる「したたかな生き物」。高鳥理事長は「乾いても死なず、非常に長生きし、根を張って増殖すると駆除に膨大な労力と時間と経費がかかる」と指摘した。

食品のカビを防ぐ方法として▽シンクは洗浄し、油汚れや食べものカスを残さない▽冷蔵庫は詰め過ぎず、棚の汚れをふき取る▽まな板・ふきんは熱湯消毒する――などの対策をあげた。高鳥理事長は「周辺にいるカビを増やさない意識を持ち、少しでも減らす努力をしてほしい」と述べ、定期的な清掃を呼びかけた。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 日本生協連藤井専務
    日本生活協同組合連合会(日本生協連)は10月23日、2020年上期(4~9月)の事業状況を報告し、新...
  2. 札幌
    解禁から1年が過ぎたゲノム編集技術応用食品を巡り、北海道消費者協会(札幌市、畠山京子会長)が厚労、農...
  3. 薬害オンブズパースン会議
    薬害、医療被害発生の防止活動を続ける「薬害オンブズパーソン会議」(代表・鈴木利廣弁護士)はこのほど、...
  4. AARP
    米国の高齢者団体AAPRは10月22日、「タッチレス技術で生活がもっと便利になる」として、手を触れず...
  5. ダイソン偽サイトトップページ
    実在の通信販売サイトをかたった偽サイトなどに対し、消費者庁は10月21日、当該サイト名を公表し、被害...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る