【米国】不健康な食品の購入促す宣伝を問題視 通販サイト調査

食品政策を監視する米国非営利団体の公益科学センター(CSPI)は1月7日、食品通販サイトによる不健康な食品の宣伝手法を問題視する報告書を発表した。不健康な食品が検索結果の上位に表示されたり、バナー広告やメールマガジンで頻繁に宣伝されたりすることが調査で判明したとしている。CSPIは「スーパーなどの実店舗は陳列できる商品数が限定されるため一定の制限がかかるが、オンラインは無限の購買機会を提供する。サイト運営者は国の健康指針に沿った食品選びを促すための仕組みを導入するべきだ」と訴え、規制機関に対し、プラットフォーマーの監視を求めた。

CSPIは昨年、食品を取り扱うプラットフォーマー6社(Amazon Prime Now、Fresh Direct、Peapod、Safeway、Target、Walmart Grocery)を対象に調査を実施。二つのアカウントを各サイトに作り、宣伝手法や価格設定、検索結果データなどを分析した。

その結果、検索結果の上位に表示される商品の半分以上が不健康な食品で占められ、「鶏肉」と入力すると上位にチキンナゲットが表示されるなどした。また、アカウントに届くメールマガジンの宣伝の四分の三が不健康な食品に関するもの。運営事業者による差が大きいこともわかり、サイトで頻繁に不健康な食品を宣伝していたのはSafeway(スコア72%)で、Fresh Direct(同29%)の2倍以上だった。そのほか、大手メーカーが大量生産した商品がサイトの最も目立つ位置で宣伝され、小規模生産者による優れた商品が取り上げられることが少ないことや、低収入の顧客は健康的な食品が表示されにくいことなどがわかった。

米国では、オンライン通販における食品の売上高が175億ドルにのぼり(2018年)、食品への総支出額の6%を占めた。調査会社FoodMarketing Instituteは2025年までに5倍超の1000億ドル(約11兆円)に拡大するとみている。

CSPIは「食品販売の主導権がスーパーからプラットフォーマーへと移るとともに宣伝手法が変化している。通販サイトはターゲティング広告やバナー・ポップアップ広告、検索結果、クーポンの配布、メールマガジンなどを通じて不健康な食品の購入を頻繁に促している」と指摘。「国の食事指針に沿った食品選びを促す仕組みづくりが必要であり、連邦取引委員会(FTC)は購入履歴や人種、収入、地域のデータを駆使したプラットフォーマーのマーケティングを監視すべきだ」と訴えている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 豪州消費者団体Choice
    食器洗い機と手洗いとではどちらのほうが水を節約できるか――。豪州の消費者団体CHOICEは2月24日...
  2. 主婦連合会
    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3月13日に東京都内で開催が予定されていた「第58回全国消費者大...
  3. 東京都シニア講座籔内祥司さん講演
    スマートフォンの安全な利用方法を学ぶシニア向け消費生活講座が2月20日、東京都消費生活総合センターで...
  4. 米消費者情報誌コンシューマーリポートは2月20日、2020年のベストカーオブザイヤーを発表した。部門...
  5. フランス消費者同盟
    スイスのチケット転売サイト大手「ビアゴーゴー(viagogo)」が攻撃的で誤解を招く手法を駆使して消...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る