二酸化炭素濃度、最高更新 世界平均と連動 埼玉・堂平山観測所

世界的な異常気象や山林火災、巨大台風の発生要因として気候変動の影響が叫ばれる中、埼玉県環境科学国際センターはこのほど、県内における2018年の二酸化炭素濃度が観測史上最高を更新したと発表した。観測開始からの濃度増加率は世界平均とほぼ等しく、地球規模での濃度増加による影響とみている。一方で、県内事業所からの温室効果ガス排出量は改善傾向がみられるとし、同センターは「地球温暖化を防ぐため、個人にもできることは多い。環境配慮型製品への切り替え、節電、ごみの削減などを心がけてほしい」と呼びかけている。

二酸化炭素濃度

二酸化炭素濃度の月平均値の推移。植物の光合成による影響で季節変動がある(埼玉県報道発表資料より)

同センターは1993年から、東秩父村の堂平山観測所で二酸化炭素濃度の精密観測を開始。18年の年平均値は414.65ppm(速報ベース)となり、21年連続で観測史上最高を更新した。月平均値も同年4月に過去最高の419.65ppmを記録した。観測当初の93年は361.02ppmで、25年間で53.63ppm(14.9%)の増加となった。世界平均濃度はこの間、356.19ppmから405.55ppmへと49.36ppm(13.9%)増えており、世界平均と連動性が確認された。

世界気象機関(WMO)の観測基準を採用した国内観測所は、埼玉県の2カ所と気象庁の3カ所(綾里、南鳥島、与那国島)のみ。このうち堂平山観測所は首都圏に近く、濃度が最も高い観測地点として知られている。県内のもう1カ所の観測地点は加須市の環境科学国際センターで、「堂平山観測所とは30キロ程度しか離れていないが高低差があり、濃度に違いがみられる。近年、濃度差が縮まっており、県内での温室効果ガスの排出に改善がみられるが、世界平均に引っ張られて過去最高を更新している状況だ」と説明した。

堂平山での観測データはWMOの温室効果ガス世界資料センターに提供され、世界的な濃度分布の解析などに利用されているという。

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 主婦連合会
    各地の消費者団体がLPガス(プロパンガス)の取引透明化を求める中、全国消費者団体連絡会(全国消団連)...
  2. U.S. PIRG
    バイデン次期米大統領がジョン・ケリー元国務長官を次期政権の「気候変動問題に関する大統領特使」に指名し...
  3. 売り上げ好調な金のつぶとフルーティス
    ミツカンの上期(3-8月)業績は、新型コロナ感染拡大の影響で国内外ともに業務用事業が苦戦したものの、...
  4. 電気ストーブの洗濯物着火事故
    本格的な冬の到来を前に、NITE(製品評価技術基盤機構)は11月26日、暖房器具の火災事故に注意を呼...
  5. 欧州消費者同盟
    欧州議会で製品の安全性と持続可能性を強化するための規則案が採択されたことを受け、消費者団体BEUCは...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る