食品の購入、「価格」重視の傾向 11品目すべてで最上位

米や野菜などの食品を購入する際の判断基準として「価格」を重視する傾向が強まっていることが、日本政策金融公庫の消費者動向調査でわかった。価格以外の「鮮度」「安全性」などの判断基準は5年前の前回調査と比べて低下しており、日本公庫は「価格以外への関心が薄れている」と分析している。

調査は今年1月、全国20歳代~70歳代の男女2000人を対象に実施。身近な食品11品目(米、野菜、果物、牛肉、豚肉、鶏肉、卵、牛乳乳製品、魚介類、総菜、弁当類)について購入時の判断基準などを聞いた。

その結果、全品目で「価格」が最上位になった(前回は9品目)。前回調査(15年1月)との比較では、「鮮度」「国産」「国内産地」「味」「安全性」などの判断基準が低下。特に「国産」は牛肉、豚肉、鶏肉、魚介類の4品目で、「安全性」は米、野菜、牛乳乳製品、総菜の4品目で10ポイント以上の低下となった。同じく「味」は果物、牛肉、魚介類の3品目で前回調査より10ポイント以上低下した。

品目別では、米は「価格」に次いで「国内産地」、「銘柄」の順となり、日本公庫は「購入時に産地や銘柄などのいわゆるブランドも重視されていることがうかがえる」と分析。果物は「国産」よりも「味」が上位になり、「産地情報よりも糖度などの味の情報が購入の判断に影響を与えている」と考察した。

米については、若い世代ほど「価格」を重視する割合が高くなり、高齢世代ほど「銘柄」「国内産地」を重視する割合が高くなった。特に「国内産地」と「銘柄」は年代による差が顕著で、20代は70代の約半分の割合になったという。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. オーストラリア競争・消費者委員会
    新型コロナウイルス対策として在宅勤務や在宅教育、遠隔医療が広がる中、急増する通信トラフィックに対応す...
  2. 古賀真子さん
    NPO法人コンシュマーネット・ジャパン(CNJ)理事長 古賀真子さん ■静養第一に ワクチン・治療...
  3. ニッポン消費者新聞2020年新年号
    特集 食品安全、毒性評価で問題提起 「閾値」の存否検証報告 食品Gネットの院内集会で ...
  4. 野菜サラダ
    新型コロナウイルスへの対抗手段の一つとして、FAO(国際連合食糧農業機関)は3月28日、ツイッターで...
  5. お断り
    改正健康増進法が4月1日に全面施行され、飲食店や職場などが原則禁煙になることについて、74.6%の人...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. オーストラリア競争・消費者委員会

    2020-4-2

    【豪州】在宅勤務や遠隔医療で回線ひっ迫懸念 通信業界が連携

    新型コロナウイルス対策として在宅勤務や在宅教育、遠隔医療が広がる中、急増する通信トラフィックに対応す...
  2. 野菜サラダ

    2020-4-1

    FAO、今まで以上に健康的な食習慣を 野菜の摂取など5項目

    新型コロナウイルスへの対抗手段の一つとして、FAO(国際連合食糧農業機関)は3月28日、ツイッターで...
  3. 国際消費者機構(CI)

    2020-3-30

    CI、医療・食品・正確な情報へのアクセス確保を要求

    新型コロナウイルスの世界的感染拡大を受け、消費者団体の世界的組織「国際消費者機構」(CI、本部・ロン...
  4. AARP

    2020-3-27

    【米国】高齢者は来店不要、薬局大手が処方薬の無料配送

    高齢者の非営利団体AARP(本部・ワシントンDC)は3月24日、CVS、ライトエイド(Rite Ai...
  5. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
ページ上部へ戻る