いき値はあるか食品関連化学物質の発がんリスク NPOが検討

NPO法人食品安全グローバルネットワーク(会長・伊藤譽志男元国立衛生試験所食品試験部長、中村幹雄事務局長)は3月12日、参議院会館で「食品関連化学物質のリスクと安全性評価」をテーマに院内学習会を開く。食品衛生法の改正により食品用容器包装で使用される物質の規制のあり方が変わることや、学会の中で化学物質による発がん性の閾値(いきち)について議論が活発化していることなどが報告される。

この院内学習会は同ネットワークが継続して開催しているもので、15回目となる今回は「食品関連化学物質のリスクと安全性評価」というテーマで開く。

当日は、食品衛生法改正による安全確保体制の変化が紹介される。変化の1つとして食品器具や容器・包装に使用される化学物質が、現行「ネガティブリスト」制度から「ポジティブリスト」制度へと変更することについて、元国立医薬品食品衛生研究所食品添加物部長の河村葉子さんが説明する。

また、発がん性のいき値について、最新の研究成果も報告される。元食品安全委員会添加物専門調査会座長の福島昭治さん(大阪市立大学名誉教授)は遺伝毒性発がんに関するいき値の存在を説明する。いき値とは「毒性の反応しない量」あるいは「反応が出る最小の量」を示すもので、これまで遺伝毒性発がん物質の評価については「毒性のいき値がないもの」として位置付けられてきた。「いき値がないのでADI(1日摂取許容量)が設定できない」ことから、使用禁止とされてきた物質もある。

当日の学習会では、いき値の存在が紹介され、現行評価体制についての課題も提起される予定。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 英国の消費者団体Which?
    美しい画像が魅力の有機EL(OLED)テレビが現在、過去最安値になっているとして、英国の消費者団体W...
  2. 消費者庁
    消費者庁は今年度に地方でモデルとなる事業の創出を目的とした「地方消費者行政に関する先進的モデル事業」...
  3. アルミ缶リサイクル協会
    アルミ缶リサイクル協会(田代泰理事長)は6月19日、飲料用アルミ缶の2019年度リサイクル率が前年度...
  4. 冷食ONLINEで簡単・時短調理特集
    新型コロナウイルスの感染拡大による影響で在宅時間が増える中、販売を伸ばしているのが家庭用の冷凍食品。...
  5. ごみ
    全大阪消費者団体連絡会(大阪市)など3団体は「数えてみよう家庭の容器包装プラごみ・使い捨てプラごみ調...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る