ニラと間違えスイセン誤食 家族3人が食中毒 都が注意喚起

東京都は4月24日、庭に植えたスイセンをニラと間違えて味噌汁(ニラスープ)の具に使い、家族3人が食中毒になる事例が発生したと発表した。全国では夏にかけてのこの時期、有害植物による食中毒が例年発生しているといい、都は「明らかに食用と鑑定できるもの以外は絶対に食べないでほしい」と注意を呼びかけた。

都によると、立川市内で22日夜、ニラスープを食べた家族3人が吐き気や下痢などを起こして医療機関を受診。保健所などの調査では、残ったスープからスイセンの有毒成分リコリンやガランタミンが検出された。家族は数年前から自宅の庭でニラとスイセンを栽培しており、誤ってスイセンを調理してしまったという。家族は全員、回復している。

スイセンは観賞用に栽培される多年草で、葉がニラと似ている。都内では2016年4月にもスイセンによる食中毒が発生。ほかの有毒植物の事例では過去10年間にジャガイモで計3件、チョウセンアサガオ、バイケイソウ類、ヨウシュヤマゴボウなどで各1件の食中毒が報告されていた。都は「食べられる種類かはっきり分からないものは、安易に判断せず絶対に食べないでほしい」と呼びかけている。

有毒植物を巡っては、消費者庁も2016年に注意喚起を実施。新芽などで植物の見分けがつきにくい4~5月に多く発生していることや、食用のギョウジャニンニクとよく似たイヌサフランの誤食による死亡例を示すなどして、家庭菜園における食中毒防止を呼びかけていた。

ニラとスイセン

左が食用のニラ、右が有毒なスイセン。食用と観賞用をはっきりと区別して植える必要がある(消費者庁報道発表資料より)

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. イベント
    食の安全・監視市民委員会(代表・神山美智子弁護士)は農薬グリホサートが多くの食品から検出されているこ...
  2. エスカレーター
    エスカレーターの安全な乗り方を実践してもらおうと、首都圏の都県と政令指定都市で作る「九都県市首脳会議...
  3. 新型コロナウイルス感染拡大により在宅時間が増える中、英国の消費者団体which?は8月7日、「消費者...
  4. インターネット
    「届いた商品がイメージと違う」「想像していた大きさと違った」――。 実物を確認できないネットシ...
  5. 風力発電
    石油世界大手の英BPが2030年までに石油・ガス生産量を19年比で40%削減する方針を示したことを受...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る