ゆで卵・目玉焼き、レンジ加熱で破裂 おでんの温め直しに注意

おでんや弁当を電子レンジで温めた際、ゆで卵や目玉焼きが破裂する事故が発生しているとして、東京都が注意を呼びかけている。

東京都消費生活総合センターで行われた実験。ゆで卵が破裂し粉々に飛び散った(出典:東京都生活文化局消費生活部)

都は卵をレンジ加熱する事故再現テストを実施。くらし情報サイト「東京くらしWEB」で公開された動画では、殻をむいたゆで卵が加熱から1分30秒後に庫内で爆発し、粉々に飛び散った様子が映し出された。目玉焼きは加熱から30秒後に黄身の部分が破裂し、その一部が飛び散った。

消費者庁が運営する「事故情報データバンクシステム」には、これまでに85件の事故が報告されている(「卵」+「レンジ」で検索)。

主な事例は「スーパーで購入したおでんをレンジで調理したらゆで卵が破裂し右掌を火傷した」(2016年09月)、「友人がコンビニで半熟卵が乗ったパスタを購入。家で規定通り温め、黄味にフォークを刺すと破裂し、顔に軽い火傷」(16年03月)など。おでんのゆで卵や弁当の目玉焼きが破裂する事例のほか、中華丼のうずら卵の破裂や電子レンジ用卵調理器具による事故も目立った。

電子レンジの取扱説明書には「殻付きの卵の温めはしない」「卵(ゆで卵・うずら卵含む)など、膜や殻付きのものは加熱しない」などの注意事項が記載されていて、卵の爆発による衝撃でレンジが破損する事故も報告されている。東京都はレンジの正しい使用を呼びかけるとともに、「庫内から取り出した後に破裂することもある。誤って加熱した場合は温度が下がるまで待つこと」とアドバイスしている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

新着記事

  1. オーストラリア競争・消費者委員会
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は5月15日、ヨーグルト製品にゼラチン成分を使用しながら...
  2. 消費者庁
    政府は、国民生活安定緊急措置法の対象製品にアルコール消毒製品を追加した。5月26日から施行する。緊急...
  3. ZENB STICK
    ミツカングループが発売したまるごと野菜のスティックタイプ食品「ZENB(ゼンブ) STICK」が、日...
  4. 香港消費者委員会
    海水から採取する「海塩」の2割からマイクロプラスチックが検出されたことが、消費者団体の香港消費者委員...
  5. 電話相談
    日本弁護士連合会は、4月20日から電話とウェブで受け付けてきた「新型コロナウイルス法律相談事業」を6...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る