LEDランプ、寝耳に水の事故 従来型照明器具の一部で発火🔓

「省エネエコランプ」として普及が拡大しているLED(発光ダイオード)。そのLEDランプを従来の照明器具に取り付けて発煙・発火するなどの事故情報が消費者庁に寄せられていることから、同庁は3月27日、事故防止へ向けて消費者に注意を喚起した。LEDランプは形状や端子の口金が従来の照明ランプと同じでも内部の設計が異なる。そのため従来の照明器具との組み合わせによっては発煙・発火事故につながる恐れがある製品もあるという。事業者側の責任は大きい。

従来照明器具に使用不可能なLEDランプ

LEDランプ

LEDランプ購入時は表示の確認を、と消費者庁(27日、消費者庁にて)

消費者庁が発信した注意喚起は次の2点。

(1)従来の照明器具を替えずにLEDランプに切り替えるときはその照明器具に使用可能かどうか、LEDランプに付属している注意表示などで確認すること

(2)照明器具は経年劣化が事故の原因になることがあるので、定期的に点検すること。照明器具は10年を過ぎると故障しやすくなるので、照明器具のラベルで製造年を確認すること

さらに、使用中のランプや照明器具がリコール対象品かどうかを確認することもアドバイスしている。

同庁の事故情報データバンクにはLED照明に関する事故情報が2009年9月から今年3月10日までに328件寄せられている。火災は23件あり、重大事故も散見。次のような事故例が典型だ。

「1年前に浴室に取り付けたLED電球がゆっくりと点滅を繰り返す。密閉形のシェードを外してみたら絶縁カバーとカバーの根元が離れ、リード線だけでぶら下がっている状態だった。製造元は、浴室専用の電球ではない、と言っている」…(以下続く)

(本紙「ニッポン消費者新聞」4月1日号より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
ジー・サーチ データベースサービス
日経テレコン

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ペダル踏み間違い時加速抑制装置啓発ビデオ
    国土交通省は4月16日、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防止する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置...
  2. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は4月16日、オンライン通販Amazon(アマゾン)で売られているハイテ...
  3. ジャガイモ調理
    農水省と環境省は4月12日、2016年度に国内で発生した食品ロス量が643万トンになったと発表した。...
  4. CPSCが警告したベビーベッド
    米国で赤ちゃんの死亡事故が相次いでいたフィッシャープライス社製ベビーベッド「ロックンプレイ・スリーパ...
  5. 電話相談
    今月27日からの大型連休の期間中、消費生活センターの多くが休館することから、消費者庁や国民生活センタ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る