浸水車両、感電・火災のおそれ エンジンかけず業者に連絡を

西日本を中心とした豪雨被害を受け、国土交通省は、浸水した自動車の取り扱いに注意を呼びかけた。

水に浸かった車両は、外見上問題がなさそうに見えても、感電事故や電気系統のショートによる火災が発生するおそれがある。同省は7月9日、ツイッターで「自らとクルマの安全のため、自分でエンジンをかけない」「バッテリーのマイナス側のターミナルを外す」といった対処方法を発信。このツイートは12日現在、1300件以上リツイートされている。JAF(日本自動車連盟)やJAMA(日本自動車工業会)のホームページでも同様の注意喚起がされている。

JAMAの注意喚起によると、車内のフロア面を超えて浸水・冠水した場合、エンジンの吸気系に水が入り込んでいる可能性があり、その状態でエンジンをかけると最悪、エンジンが破損してしまうおそれがある。また、海水の被害にあった車両は、電気系統のショートによる火災が起きる場合があるという。水が引いても▽エンジンをかけない▽バッテリーの端子(マイナス側)をはずす▽バッテリー端子をガムテープなどで保護する――などの対処を行い、速やかに自動車販売店やJAFなどのロードサービスに連絡するよう呼びかけている。

特に、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)は要注意だ。高電圧バッテリーを搭載しているため、むやみに触らず、直ちに販売店に連絡してほしいとしている。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 鶏肉
    スーパーなどで市販されている生の鶏肉から高い確率でカンピロバクターが検出されることについて、52%の...
  2. コイン
    英国の消費者団体Which?は11月22日、1週間誤に迫ったブラックフライデーを悪用した詐欺に注意を...
  3. コンシューマーリポート
    町中に設置されている電子看板(デジタルサイネージ)が通行人のスマートフォンのデータを収集し、購買デー...
  4. ペットボトルリサイクル推進協議会
    PETボトルリサイクル推進協議会(東京都中央区)は11月20日、3R推進活動状況をまとめた年次報告書...
  5. 豆乳
    豆乳の人気が広がっている。出荷量は10年連続で増加し、昨年は過去最高を記録。今年は1-9月期ですでに...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る