浸水車両、感電・火災のおそれ エンジンかけず業者に連絡を

西日本を中心とした豪雨被害を受け、国土交通省は、浸水した自動車の取り扱いに注意を呼びかけた。

水に浸かった車両は、外見上問題がなさそうに見えても、感電事故や電気系統のショートによる火災が発生するおそれがある。同省は7月9日、ツイッターで「自らとクルマの安全のため、自分でエンジンをかけない」「バッテリーのマイナス側のターミナルを外す」といった対処方法を発信。このツイートは12日現在、1300件以上リツイートされている。JAF(日本自動車連盟)やJAMA(日本自動車工業会)のホームページでも同様の注意喚起がされている。

JAMAの注意喚起によると、車内のフロア面を超えて浸水・冠水した場合、エンジンの吸気系に水が入り込んでいる可能性があり、その状態でエンジンをかけると最悪、エンジンが破損してしまうおそれがある。また、海水の被害にあった車両は、電気系統のショートによる火災が起きる場合があるという。水が引いても▽エンジンをかけない▽バッテリーの端子(マイナス側)をはずす▽バッテリー端子をガムテープなどで保護する――などの対処を行い、速やかに自動車販売店やJAFなどのロードサービスに連絡するよう呼びかけている。

特に、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)は要注意だ。高電圧バッテリーを搭載しているため、むやみに触らず、直ちに販売店に連絡してほしいとしている。

関連記事

新着記事

  1. NITEガスこんろ事故
    誤使用によるガスこんろの事故が2018年度までの6年間に99件起きていたことが5月23日、NITE(...
  2. 消費者庁
    消費者庁は全国47都道府県の物価モニター2000人対象の5月モニター調査結果速報値をまとめた。公共料...
  3. 消費者庁
    消費者庁・岡村和美長官は同庁が事務局を務める消費者志向経営推進組織が第2回目となる「優良事例表彰」の...
  4. 東京都消費生活対策審議会
    成年年齢引き下げに伴う若年者被害を防ぐため、東京都は5月21日、消費生活対策審議会を開き、都が取り組...
  5. 厚生労働省
    厚生労働省の検討会は5月20日、改正食品衛生法で規定された健康被害情報の届出義務の対象となる成分を示...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
ページ上部へ戻る