全国生協、23年度は増収維持 物価高で利用数は低下

◎エシカル消費対応商品は9%増と伸長

日本生活協同組合連合会がまとめた全国117主要地域生協の2023年度供給高(売上高)は、前年比0.7%増の3兆123億円(推計値)と増収だった。柱の宅配事業の供給高は微増で、前年並みを維持。物価高騰の影響による利用単価の上昇が寄与したが、利用人数、利用点数がそれぞれ低下した。コープ商品事業では、注力するエシカル消費対応商品が前年比9%増と伸長した。

日本生協連

能登半島地震の支援活動を報告するとともに7月30日の「生協の日」をアピールする日本生協連の土屋敏夫会長(中央)、嶋田裕之専務(左)、藤井喜継専務(右)(6月18日、東京・渋谷にて)

土屋敏夫代表理事会長は「物価上昇は2年に渡って続いており、消費者、組合員の暮らしは厳しいものになっている」と言及。「すべての人が安心して暮らしていける社会にすることが喫緊の課題。生協は事業継続のための最大限の工夫を続けながら地域社会の助け合いやフードバンクなどの様々な活動を諸団体とともに進めていく」と語った。

宅配事業供給高は前年並みの2兆926億円(前年比0.1%増)。利用単価が3%上昇したものの利用人数が2.6%減、利用点数が3.8%減と低下した。藤井喜継代表理事事業担当専務は「増収増益だが(中身は)厳しいとみている」とし、現場の人手不足とコロナ下での自粛による営業力低下により利用者の獲得が伸びなかったと語った。一方、店舗事業供給高は3%増の9429億円。新規出店やリニューアルを進め来店客が1.1%増、利用単価も1.8%増となった。ただ、食料品全般の価格高騰により利用点数は2.4%減と低下した。

コープ商品事業では、エシカル消費対応商品の供給高が前年比9%増の2457億円と伸長。エコマーク認定商品が28%増、FSC認証マーク付き商品が14%増と伸びた。昨春スタートの食品ロス削減商品の認知も広がっているという。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自動車内の空気から発がん性が指摘される難燃剤成分が検出されたという最新研究が報告されたことを受け、消c
  2. アルミカップ
    スポーツイベントや商業施設で採用が進むアルミカップのリサイクルを進めるため、アルミ缶リサイクル協会なc
  3. サロン専売商品
    ◎サロン専売商品の一部に「生産ロスZEROプロジェクト」導入 アートネイチャー(東京都渋谷区、五十c
  4. 金融庁
    金融庁は6月25日、金融機関からの報告をもとにインターネットバンキングによる預金の不正払戻し状況をまc
  5. 東京都「悪質事業者通報サイト」
    都民からの通報を受け付け、悪質事業者の取り締まりや監視につなげる東京都の「悪質事業者通報サイト」の2c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る