コープみらい10周年 理事長に熊﨑伸氏 新体制でくらしに貢献

創立10周年を迎えた生活協同組合コープみらい(さいたま市)は6月8日、都内で通常総代会と理事会を開き、専務理事の熊﨑伸氏を新理事長に昇任させる役員体制を決定した。副理事長は永井伸二郎氏が再任し、非常勤の副理事長は組合員理事の古賀摩希子氏が新たに就いた。記者会見した熊﨑理事長は「事業と活動を通じて組合員の皆様のくらしに貢献できるよう、さらなる取り組みを進めていく」と挨拶した。

理事長を4期8年務めた新井ちとせ氏は日本生活協同組合連合会副会長や国際協同組合同盟(ICA)アジア太平洋地域女性委員会委員長などの職務に専念する。

コープみらい新体制

10周年を迎えたコープみらいが新役員体制を決定。熊﨑伸理事長(右から二人目)、永井伸二郎副理事長(右)、古賀摩希子副理事長(左から二人目)、河田喜一専務理事(左)がくらしへの貢献と組織の成長に向けた舵を取る(6月8日、京王プラザホテルにて)

熊﨑理事長は千葉県出身の61歳。ちばコープ常務理事やコープみらい常務理事、コープにいがた理事などを歴任し、2017年からはコープみらい専務理事などを務めていた。物価高騰がくらしを直撃する中、熊﨑理事長は「組合員や消費者のくらしを守ることを優先する」と強調。「“未来へつなごう”をスローガンに、学習と交流できる場づくりと“声”を大切にした取り組みを進める」と語った。

また、組合員理事から副理事長に就いた古賀氏は、消費者の目線から最近の状況についてコメント。「物価高騰によって買い控えが進んでおり、自分自身もできるだけ安価な食材を買い、かさを増す工夫をしながら食事を作っている。いまの状況では仕方のないことだとは思うが、買い控えすることで生産者が一生懸命作った商品が売れ残ることになる。こうしたことがないよう、コープみらいは牛乳や米、国産果物・野菜の購入を促す取り組みを進めている。組合員として、こうした取り組みに尽力していきたい」と語った。

コープみらいは2013年にちばコープ・さいたまコープ、コープとうきょうの3生協が合併して誕生。2022年度の総事業高は4280億円、組合員数は396万人と最大規模を誇る。10周年を機に記念セールや記念商品などの企画を展開していくとしている。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 豪州消費者団体Choice
    住宅ローンや家賃に関する苦情が増加しているのは銀行が苦境に立たされている人を十分支援していないからだc
  2. 鶏肉
    日本政策金融公庫が実施した畜産物の購入に関する消費者動向調査によると、食肉と牛乳について、およそ6割c
  3. コンシューマーリポート
    4月22日のアースデイを前に、米国の消費者団体コンシューマー・リポートは気候変動が消費者の財布に与えc
  4. 警察庁
    警察庁がまとめた生活経済事犯の検挙状況によると、2023年に全国の警察が摘発した特定商取引等事犯は前c
  5. 電話相談
    埼玉弁護士会と埼玉司法書士会は4月20日(土)と21日(日)に電話相談「敷金(賃貸住宅)トラブル11c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る