【米国】フロントガラス修理代15万円 安全機能で割高に

安全な走行を支援するクルマの安全機能について、米消費者情報誌コンシューマーリポートは1月30日、「修理コストが割高になることが欠点だ」とする記事を掲載した。修理代を押し上げる理由は、安全機能が故障しやすいバンパーやサイドミラー、フロントガラスなどのパーツに搭載されることが多いため。一方で同誌は「修理代を心配するあまり安全機能を搭載しないのは間違いだ」と指摘し、長い目で見れば事故が減少する分、修理代もかからなくなると説明した。

同誌によると、スバル・フォレスター(2017年モデル)の所有者テッド・ヒネさんは、フロントガラスの修理をディーラーに依頼したところ、1400ドル(約15万円)かかるとの説明を受けた。驚いたヒネさんは修理専門チェーンに見積もりを依頼したが、そこでも910ドルを提示された。ヒネさんは「74歳で年金しか収入がない。トラックが石を巻き上げてフロントガラスを割るたびに900ドル以上を支払う余裕はない」と嘆いたという。

ヒネさんの愛車フォレスターには高度運転支援システム「アイサイト」が搭載されており、フロントガラスの内側に2台のカメラが取り付けられていた。そのため、カメラの精度を落とさない高機能フロントガラスに加え、技術者による安全システムの再調整が必要なため、通常よりも割高になったという。コンシューマーリポートによると、多くの安全機能は故障しやすいパーツ(バンパー、サイドミラー、フロントガラスなど)に搭載されていて、軽い接触事故でも修理代が高額になるケースがあるという。

ただし、同誌は「すべてのクルマに安全機能を搭載するべきだ」との考え。自動テスト担当シニアディレクターのジェイク・フィッシャー氏は「交通事故が減るごとに修理代が浮く、という方程式を当てはめると、長期的には安全機能を搭載したドライバーは(コスト面で)有利になる。また、安全機能が深刻なクラッシュ事故のリスクを大幅に低下させることも見逃してはいけない」と指摘した。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. パブリック・シチズン
    企業の犯罪履歴をデータベースで閲覧できるようにする「企業犯罪データベース法案」が提出されたことを受けc
  2. 消費者庁
    消費者庁は食品衛生の監視指導強化が実施される年末、食品の表示・広告の適正化をめざして都道府県等と連携c
  3. 第一生命経済研究所
    第一生命経済研究所ライフデザイン研究部はこのほど、「新型コロナ生活調査」の結果を発表した。この3年間c
  4. アルミ缶リサイクル協会50周年
    来年2月7日に創立50周年を迎えるアルミ缶リサイクル協会は12月2日、都内で記念式典を開いた。経済産c
  5. JARO山本一広さん
    日本広告審査機構(JARO)専務理事・山本一広さんインタビュー ◎消費者意見踏まえ悪質広告・表示排c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る