消費科学センターが食肉に関する意識調査 生産現場の苦境受け

生産コストの高騰により畜産・酪農家の経営が苦境に立たされていることを受け、消費者団体「消費科学センター」(東京都渋谷区)が食肉に関する消費者意識調査を実施した。その結果、飼料まで含めた国産肉の自給率が8%であることを知っていた人が約3割にとどまったほか、国産肉の値上がりについて、10%程度の値上がりには寛容な姿勢を示す人が多いことがわかった。

調査は昨年9月に行い、71人が回答した。調査結果によると、肉料理の頻度は「2日に1回くらい」が59%、「ほとんど毎日」が27%。購入時に重視する点は「国産であること」が62%、「価格」が61%と上位を占めた。

「国産肉の自給率は53%だが、飼料の75%を輸入にたよっているため、飼料まで含めた自給率は8%まで下がることを知っているか」の問いには、「知っている」が31%、「知らなかった」が69%だった。また、国産肉の値上がりの許容範囲について「10%」が52%と最も多く、「20%」が25%と続き、「許容できない」は1.4%と少数だった。

こうした結果について、消費科学センターは「飼料まで含めた自給率について約7割の人が知らなかったと答えています。産地にはこだわるけれど、飼料に対する意識は低いようです。また、国産の肉を食べても自給率が上がらないとも言えます。コストの大部分を占める飼料の国産化が求められます」とコメント。

また、国産肉の値上がりについては「消費者はある程度の値上がりに寛容な姿勢を示していますが、それにも限度があります。コストの上昇分を全て価格に転嫁させてしまうと、消費者は買えなくなり、買い控えが起こるのではないでしょうか」とコメントした。

同センターは飼料の国産化や買い控えへの抜本的な対策(国の財政支援や周知啓発など)を求めるとともに「畜産業の問題は私たちの問題であり、消費者は食料が安定的に供給されることを一番望んでいます。食育や生産者との交流などを通じて、お互いに理解する機会を増やすことが大事だと考えます」と呼びかけている。

(本紙「ニッポン消費者新聞」2月1日号より加筆の上、掲載)

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 豪州消費者団体Choice
    住宅ローンや家賃に関する苦情が増加しているのは銀行が苦境に立たされている人を十分支援していないからだc
  2. 鶏肉
    日本政策金融公庫が実施した畜産物の購入に関する消費者動向調査によると、食肉と牛乳について、およそ6割c
  3. コンシューマーリポート
    4月22日のアースデイを前に、米国の消費者団体コンシューマー・リポートは気候変動が消費者の財布に与えc
  4. 警察庁
    警察庁がまとめた生活経済事犯の検挙状況によると、2023年に全国の警察が摘発した特定商取引等事犯は前c
  5. 電話相談
    埼玉弁護士会と埼玉司法書士会は4月20日(土)と21日(日)に電話相談「敷金(賃貸住宅)トラブル11c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る