八田純人さん 食品の裏側に科学の光を 検査機関、募金で運営🔓

一般社団法人農民連食品分析センター所長 八田純人さん

「食品を検査・分析する機関には行政と民間の機関があります。行政機関は法律や制度に基づく機関。規格・基準などに沿った検査・分析を基本とします。これに対し民間機関は主に企業組織が母体。最終的には利益、経済性が優先される傾向を持つ。これらに対し当センターは農民・消費者の募金によって発足し、募金で運営されているという世界でも希な存在です。今後も消費生活に欠かせない第三の機関として、食品の検査・分析の役割を担っていきたいと思います」

農民連食品分析センター所長・八田純人さん農民連食品分析センター所長・八田純人さんは同センターの特徴をこう説明する。発足は1996年。日本のWTO(世界貿易機関)協定加盟に際し、“不安な輸入食品の科学的データを知りたい”“国産農作物の品質を確かめ社会に伝えたい”――そう願う消費者および農民の思いを受けて設立された。全国からの募金が「財源」だ。

「農民・消費者・市民の皆さんの支援が途絶えると1日で機能停止となります。当センターの必要性と存在意義を社会的に広く知っていただけるよう、科学の目を鍛えながら消費生活の実際を踏まえた検査・分析を推進していきます」

その一環として同センターは会員の消費者・市民団体や学校の生徒たちなどを対象に見学学習会も開催、交流の場を設けている。検査・分析フロアーには、全国からの支援で納入された食品放射能汚染や遺伝子組換え検査などに使う分析機器、細菌検査、残留農薬、さらに重金属分析などの機器類が整備されている。見学会では機器の働き、分析方法などの説明をはじめ、参加者からの質問にもていねいに答えている。

「食と農の防人(さきもり)として…(以下続く)

(本紙10月1日号「提言―消費者問題はいま」欄より転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
ジー・サーチ データベースサービス
日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 加熱式たばこ警告表示
    JTは12月5日、加熱式たばこ「プルーム」ブランドの16銘柄について、パッケージデザインをリニューア...
  2. 日本消費者連盟
    日本有機農業研究会や日本消費者連盟、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンなど消費者・農民団体は「...
  3. 成年年齢引下げを考えるIN KYOTO
    京都の大学生が企画運営した公開ラジオ放送のトークイベント「成年年齢引下げを考える in KYOTO~...
  4. 自動車
    オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は12月3日、タカタ製エアバッグのリコール率が85%に達...
  5. ダイドー紙おむつ自動販売機
    ダイドードリンコや大王製紙など3社はこのほど、茨城県潮来市の道の駅「いたこ」に飲料とコラボしたベビー...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  2. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  3. コンシューマーリポート

    2019-11-7

    【米国】2年で販売台数10倍 エアフライヤーが本格普及

    油を使わずに揚げたように調理できるエアフライヤー(ノンフライヤー)が米国で急速に普及している。調査会...
  4. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  5. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
ページ上部へ戻る