2019年のアルミ缶需要量、前年並み チューハイ向け好調🔓

アルミ缶リサイクル協会(富永泰夫理事長)は2月15日、2019年の飲料用アルミ缶需要量がほぼ前年並みの216億1000万缶になるとの予測を発表した。主力のビール向けの落ち込みを、好調が続くチューハイ向けRTD缶が補うとみた。また、物流コストの上昇がアルミ缶リサイクルに影響がでないよう、必要があれば聞き取り調査を実施する考えを示した。

アルミ缶リサイクル協会

記者会見に応じるアルミ缶リサイクル協会の富永泰夫理事長(中央)(15日、東京・千代田区にて)

同協会は、国内の2019年飲料用アルミ缶需要量を前年比5000万缶減の216億1000万缶と予測。14年連続出荷量が減少している「ビール系」が前年比1%減の94億缶に落ち込む一方で、チューハイなどのその「他アルコール系」が前年比10%増の43億3000万缶に伸びるとみた。コーヒーや炭酸飲料などの「非アルコール系」は4%減の75億2000万缶へと減少が続く見通し。

アルミ缶リサイクル協会の森口夏樹専務理事は「ビール系は依然として厳しい状況が続くが、チューハイなどのRTD缶の好調が続くとみている。非アルコール系では、ボトル缶コーヒーの減少は底を打ったとみて…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 英国の消費者団体Which?
    英政府は、消費者法に違反する取引行為を行った企業に対し、競争・市場庁(CMA)が直接罰金を科すことが...
  2. ホスピタルダイエット注意
    消費者庁の岡村和美長官は6月19日、今年7月に関係省庁・自治体などと連携して実施する食品に関する夏期...
  3. コンシューマーリポート
    サムスンがツイッター上に、QLEDテレビの定期的なウイルスチェックを勧めるツイートを投稿した後、この...
  4. 神戸
    兵庫県立消費生活総合センターがまとめた2018年度の県内消費生活相談状況によると、苦情相談が前年度比...
  5. 日本消費者連盟
    消費者・市民団体の間から、ゲノム編集食品の対応に関する審査のやり直しと、流通した場合の全面的な情報公...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
  2. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  3. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  4. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
  5. チーズフェスタ2017

    2017-11-13

    チーズフェスタに約7千人参加、チー1グランプリも発表

    11月11日と12日の両日、都内で開催されたチーズの祭典「チーズフェスタ」に2日間で延べ7千人を超え...
ページ上部へ戻る