日本マクドナルドに表示違反、「認識不足だった」と同社

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

消費者庁は7月24日、日本マクドナルドに対し、「東京ローストビーフバーガー」などを宣伝する際に、実際は成形肉なのに牛の部分肉を分割したブロック肉を使っているかのように表示していたとして、優良誤認に該当する不当表示と判断、措置命令を下した。同社はニッポン消費者新聞の取材に対し、「当社では一枚肉も成形肉も高品質の牛モモ肉を使用しているので、あのような表示となった。一部のローストビーフが成形肉から作られている旨の注釈を記載する必要があったが、その認識が不足していた」とコメントしている。

マクドナルド表示違反

景品表示法違反が指摘された日本マクドナルドの表示媒体(24日、消費者庁にて)

不当表示が指摘されたのは昨年8月から9月上旬まで期間限定で販売された「東京ローストビーフバーガー」と「東京ローストビーフマフィン」という食品。日本マクドナルドによると、全国2900店舗で販売したという。消費者庁は「ブロック肉が使われているかのような表示なのに、その対象料理の過半について実際は成形肉が使われていた」と判断、7月24日、優良誤認表示の不当表示を運用していたとして同社に措措置命令処分を下した。

処分を受けたことに対し、日本マクドナルドは「指摘を真摯に受け止め再発防止を図る」とし、違反の原因については「メニュー表示ガイドラインにはローストビーフに関する規定がなく、当社では一枚肉も成形肉も高品質の牛モモ肉の精肉を使用している。品質、味覚、触感、外観において同等のもの。一部のローストビーフが成形肉から作られている旨の注釈を記載する必要があったが、その認識が不足していた」(同社PR部・広報担当)

消費者庁は、違反は同社が弁解するような「一部」ではなく「過半のローストビーフ表示にみられた」としている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. コーヒー
    UCCグループのユーシーシーフードサービスシステムズは7月1日からフードロス削減プロジェクト「フードc
  2. 透明なペットボトル
    米コカ・コーラは8月1日から、炭酸飲料「スプライト」に用いていた緑色のペットボトルを透明のボトルに切c
  3. 東京消防庁と東京ガス連携
    今年に入って住宅火災の死者が急増しているとして、東京消防庁は7月14日、東京ガスと連携し、住宅防火対c
  4. ホワイトハウス
    ボタン電池の安全基準を強化する「リース法」が下院に続き、上院でも可決されたことを受け、アメリカ消費者c
  5. FOOCOM森田満樹代表
    都内18の消費者団体でつくる東京消費者団体連絡センター(中野区)は7月26日、食品添加物をテーマとしc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る