多重債務者、過去最少に 改正貸金業法成立以降

  • 2018/6/11
  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

複数債務を抱える多重債務者が改正貸金業法成立以降、過去最少となったことが6月8日、金融庁などのまとめでわかった。多重債務問題に取り組む関係省庁による懇談会で報告された。

金融庁などがまとめた統計によると、消費者金融などから5件以上借り入れのある多重債務者は2018年3月末時点で8.6万人となり、改正貸金業法が成立した06年度以降、過去最少となった。前年度比で1千人の減少、06年度(116.9万人)の7.3%まで縮小した。

第11回多重債務問題及び消費者向け金融等に関する懇談会

多重債務の最新動向が報告された第11回「多重債務問題及び消費者向け金融等に関する懇談会」(8日午後、金融庁にて)

1人当たりの借り入れ残高は53万円で、前年度比2千円の増加。直近5年間は52.4万~53万円の範囲で推移し、金融庁は「ほぼ横ばいとなっている」と説明した。

改正貸金業法の施行により、多重債務者数は減少傾向にあるものの、近年は銀行カードローンの過剰貸し付け問題が発生している。

懇談会で、新里宏二氏(日本弁護士連合会消費者問題対策委員会幹事)は、減少傾向だった自己破産申立件数が2016年に増加に転じたことを報告。カードローン残高の増加との関連性を指摘するとともに、カードローン債務者数を統計に反映させるよう求めた。

また、谷崎哲也司氏(日本司法書士会連合会常任理事)は、法的解決済みの事案についても、債権回収業者から返済を求める書類が届く事例が発生していると報告。「専門家に依頼せずに自ら手続きをした利用者の場合、十数年後にこうした請求が来ると、支払ってしまい再び債務を負うという問題も発生する」として、債権譲渡にからむ管理のずさんさを問題提起した。

 

(※2018年6月11日、17時10分に一部本文修正しました)

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 香港消費者委員会
    大型連休となる春節(中国の旧正月)を控え、消費者団体の香港消費者委員会は1月15日、海外旅行を計画す...
  2. タイヤパンク応急修理キット
    国民生活センターは1月17日、自動車のパンクに際して応急修理ができる「パンク修理キット」について、同...
  3. 原田禎夫大商大准教授
    大阪商業大学公共学部准教授で、プラスチックごみ問題に取り組むNPO法人の代表理事も務める原田禎夫さん...
  4. ACAP島谷克史理事長
    企業の消費者対応部署の担当者などで構成するACAP(公益社団法人消費者関連専門家会議、島谷克史理事長...
  5. ビール
    食品政策を監視する非営利団体「公益科学センター(CSPI)」は1月11日、ビールなどのアルコール飲料...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る