食品ロス4割削減、消費者庁の徳島オフォス実証事業結果

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

徳島県に設置されている消費者庁「消費者行政新未来創造オフォス」はこのほど、同県で取り組んできた「食品ロス削減に関する実証事業結果」の概要を発表。県内モニター家庭約100世帯対象の取組調査で、適切な情報提供やセミナーを受けてもらうと、約1か月の間に約4割の食品ロス削減ができるという結果を提示した。

この調査は、徳島県での「食品ロス削減に関する実証事業」の一環で、同県の協力のもと、今年1月から2月の約1か月間、消費者行政新未来創造オフィスが実施した。徳島県が選定したモニター家庭109世帯を約50世帯ずつの2群に分け、実際に食品ロス削減に取り組んでもらった。2群とも計量などに関する説明会を受けているが、1群に対しては調査の中間でセミナーを開催、取組への指導も実施した。

その結果、指導を受けた世帯では、1世帯当たりの食品ロス量は約4割削減された。説明だけの世帯でも平均2割の削減量となった。食品ロス金額でも前者は約2割削減された。

消費者庁では、今回の取組成果を全国に波及させたいとして、実証実験の内容について情報発信していく。

  • このゃBッEトリッVをはぃぃFブッゃbマーゃbぃH迃X劁@

関連記事

Pickup!記事

  1. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は11月3日、消費者調査の結果、国内で最悪のホテルチェーンに「ブリタニア...
  2. 消費者庁
    OECD(経済協力開発機構)が11月12日から16日までを「製品安全週間」と位置づけ、「オンライン上...
  3. アルミ缶一般回収協力者表彰式
    アルミ缶リサイクル協会(富永泰夫理事長)は11月13日、東京・千代田区の如水会館で、2018年度アル...
  4. 全国ジャパンライフ被害弁護団連絡会
    違法なマルチ商法や預託商法を展開し破綻したジャパンライフ。今年3月に破産手続の開始が東京地裁で決定さ...
  5. 宮腰大臣あいさつ
    消費者庁などが主催した「食品に関するリスクコミュニケーション」が11月12日、東京四谷の主婦会館「プ...

ニッポン消費者新聞最新号

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る