【米国】今年生まれた赤ちゃんは50万ドル損失 気候変動で

4月22日のアースデイを前に、米国の消費者団体コンシューマー・リポートは気候変動が消費者の財布に与える影響について調査し、このままのペースが続くと2024年に生まれた赤ちゃんは生涯で最大50万ドル(約7700万円)のコスト増を強いられると予測した。生活コストが増え、収入が減るとの見通し。この調査では脱炭素に向けて世界が迅速に行動すれば、これらのコストを大幅に削減できるとも述べている。

調査は世界的なコンサルティング会社ICFが同団体の委託を受けて行ったもの。温室効果ガスがこのまま排出された場合、今年生まれた赤ちゃんが80歳に近づく2100年までに平均気温が4℃以上上昇し、これにより生活コストの増加と収入の減少が想定されるという。

生涯の生活コストは25万5000ドルの増加。最も大きいのが住宅関連で、災害による修理、維持費、保険料の高騰など重い負担を強いられる。さらに、エネルギーコストの増加(光熱費の上昇と冷暖房の頻繁な使用)、食品価格・医療費・交通費の増加が追い打ちをかける。

一方、収入の減少は22万5000ドルに達する見通し。その多くが増税によるもので、インフラの損傷、医療制度のひっ迫、企業収益の減少による税収低迷などで国は増税を余儀なくされる。異常気象による労働時間の減少、健康リスクの増大も収入が減る要因としている。

また、その他の要因を含めると100万ドルに達するとも予測。気候変動が多くの人の退職後の貯金を食い荒らす上、株式投資から得られるであろう収益が低下する可能性が高いとする。気候変動が企業収益に与える影響は思いのほか大きく、ひっ迫する原材料調達へのコスト、労働者の生産性低下、施設の温度管理にかかる追加支出、低炭素化への移行コストなどが重くのしかかる。株式で運用する年金への影響も見逃せないと指摘する。

気候変動による影響は不確実性が高いため、予測の多くが仮定と推測に基づいているが、コンシューマー・リポートは「気候変動問題を個々の消費者レベルに落とし込むことが今回の調査の狙い。何が危機に瀕しているのか、すべての人々の協力なぜ重要なのかをぜひ理解し、日々行動してほしい」と呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 日本ヒーブ協議会定時総会
    日本ヒーブ協議会は4月19日、今年度定時総会と記念公開講演会を会場及びオンライン参加との併用で開催、c
  2. ろうそくの燭台
    ◎火の点いた芯飛ぶことも 東京消防庁管内で2022年、ろうそくによる火災が36件発生し、過去10年c
  3. 子どもケミネット
    ◎発足2年目 国際プラスチック条約会合でロビー活動も 昨年4月に発足した「有害化学物質から子どもをc
  4. 公益科学センター
    米食品医薬品局(FDA)は5月8日までに、動物における意図的なゲノム改変(IGA)の規制・承認アプロc
  5. ベニコウジ色素
    ◎食の安全グローバルネット、研究者招き呼びかけ 4月24日、参議院議員会館で「紅麹(小林製薬)とベc

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る