【米国】植物由来肉、正確な表示を 肉製品と区別つきにくく

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

米国で植物ベース代替肉の人気が高まる中、通常の肉製品と区別しにくい表示が行われているとして、全米消費者連盟(NCL)は3月16日、食品業界に改善を求めた。スーパーの肉製品コーナーで売られる場合が多い上、パッケージ前面にハンバーグなどの画像を載せている製品があり、混乱が生じていると指摘する。

米国では植物ベースのハンバーグやチキンナゲットが人気で、調査会社ギャラップが昨年実施した消費者調査では、成人の41%が植物ベース代替肉を「食べたことがある」と回答していた。NCLは「この調査は米国人の約半数が植物ベース製品に精通していることを示している」と分析。健康、環境、動物福祉などの観点から今後も利用者が増えるとして、業界に正確な表示を求めた。

一方、食品メーカーは市場拡大に向けてマーケティングに注力。製品に「ビーガン」や「ベジタリアン」と記載したり、ベジタリアンコーナーに陳列したりすると売り上げがにぶることが近年、明らかになり、「ビーガン」「ベジタリアン」の頭文字をとった「Vワード」を使わない戦略をとるなどしている。

NCLは表示や販売手法の問題点として▽「Chik」「Steaklet」「Well Carved」「Chick N’Mix」などの紛らわしい言葉が記載されている▽通常の肉製品コーナーに陳列されている▽ハンバーグやチキンナゲットの画像が使われている――などを指摘。「利益を伸ばすためのマーケティング手法がどうであれ、言葉遊びと製品配置の戦術が消費者の目を引くために使われている。パッケージの表示と画像は中身を反映したものでなければならないはずだ」と訴えている。

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. ノリ弁情報
    ◎「不開示理由」焦点に 「消費者の権利訴訟」と位置づけ 機能性表示食品の検証データ公開を求めて東京c
  2. 消費者庁
    ◎SNS関連のトラブル急増 センターへの相談率8%台 消費者庁は6月7日、閣議決定された「令和4年c
  3. 2022年1月1日号
    特集 令和4年版消費者白書 相談件数85万件、依然高水準 ~被害推計額は5.9兆円 Sc
  4. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県立消費生活総合センターがまとめた2021年度の県内消費生活相談状況によると、定期購入に関する苦c
  5. 消費者教育教材資料表彰2022
    消費者教育支援センターは6月27日、都内で「消費者教育教材資料表彰2022」の表彰式を開催し、最高賞c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る