消費者サミット予定、予算22%増145億円要求 消費者庁

消費者庁は設置10周年に入る来年度の予算概算として、145億3千万円を要求した。成年年齢引下げを見据えた未成年への消費者教育推進、高齢者などの見守りネットワーク構築、内部通報制度の認証制度導入に関する事業者ガバナンス強化などにも取り組む。

同庁は来年度予算の重点柱として「誰一人取り残さない持続可能な社会の実現」を提示、その項目として、(1)政策課題に対応した消費者行政の充実・強化(2)SDGs(国連持続可能な開発目標)の推進(3)生命・身体の安全・安心の確保(4)消費者庁の体制基盤の整備――の4分野をあげた。

消費者行政の体制強化としては、「地方消費者行政強化交付金」40億円、「シェアリングエコノミーに関する実証実験」に1600万円、「加工食品原料原産地表示制度の普及・啓発」8500万円などを予定している。国民生活センター運営費交付金は34億円、その中には消費者教育コーディネーター育成への地方公共団体への講師派遣事業も含まれている。

法執行機能の強化では、公益通報者保護制度の実効性向上に1億700万円、消費者団体訴訟制度の機能強化費として3800万円を予定。悪質事案に関する消費者被害実態調査も実施する。

SDGsの推進では「消費者サミット」を開催し、国際的な消費者被害の未然・拡大防止を図っていく。消費者サミットは日本がG20の議長国を務める2019年内にG20等の関係機関が出席する機会をとらえて日本で開催する。国民生活センター「越境消費者センター」(CCJ)のトラブル解決事業も推進していく。食品ロス削減、エシカル消費推進、消費者志向経営推進などへの取組も積極化させる。

生命・身体の安全・安心の確保では、「当事者意識の醸成」策を新規予算で実施する。消費者事故の再発防止策を社会的に浸透させる方策を検討する。

機構や定員については、消費者教育推進課の新設を要求。定員として、消費者教育推進、公益通報者保護制度、原料原産地表示の監視、食品ロス削減、国際連携などの担当者合計29人の定員を要求している。

(詳細はニッポン消費者新聞10月1日号で)

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 特定商取引法及び預託法の制度の在り方に関する検討委員会
    消費者庁の「特定商取引法及び預託法の制度の在り方に関する検討委員会」が2月18日、第1回会合を持ち、...
  2. 赤信号
    旅館のウェブサイト上で、水道水を使った露天風呂を温泉として紹介していたとして、埼玉県は2月17日、旅...
  3. 及川昭伍さん
    消費者行政の最前線で40年以上にわたり陣頭指揮をとってきた及川昭伍さんが2月14日、静かに目を閉じた...
  4. ダイドー紙おむつ自動販売機
    飲料大手のダイドードリンコは2月18日、徳島県美馬市の道の駅「みまの里」にベビー用紙おむつ自動販売機...
  5. 栄養スコア
    英国の信号方式表示を参考に、フランスが開発した栄養評価ラベル「栄養スコア(Nutri-Score)」...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る