消費者が評価、企業のエシカル通信簿発表 情報開示求める声🔓

消費者目線で企業活動を評価する「企業のエシカル通信簿」が3月19日、発表された。今回は家電と外食を対象に実施。「消費者」の項目ではパナソニックと日本マクドナルドが10段階で「6」の評価を獲得し、業界内ではトップとなった。

エシカル通信簿結果発表会

「エシカル通信簿」を発表する消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワークの杦本共同代表幹事。同ネットには全国39団体が参画している(19日、東京都渋谷区にて)

主催した「消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク」共同代表幹事の杦本育生氏は「エシカルな消費を進めるために最も重要なものは情報。エシカル通信簿を活用し、買い物を通じて良い企業を選択してほしい」と呼びかけた。

2016年度から始まったエシカル通信簿は3回目。今回は家電メーカー5社、外食チェーン5社を対象とし、持続可能な開発▽環境▽消費者▽人権・労働▽社会貢献▽平和・非暴力▽アニマルウェルフェア――の7項目を10段階でレーティングした。

消費者の項目では、家電、外食ともに消費者の安全性への関心が高く、9社が品質・安全に関する専任部署を設置していた。しかし、外食では消費者の安全を損なう緊急事態発生時の対応について、マクドナルド以外では低評価となった。また、社員に消費者教育を実施している企業はパナソニックとマクドナルドの2社のみ。消費者団体との意見交換会は10社中5社(毎年実施3社、不定期実施2社)にとどまった。

調査結果を報告した福知山環境会議の芦田育美さんは「従業員も消費者の1人であり…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
ジー・サーチ データベースサービス
日経テレコン

関連記事

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. ペダル踏み間違い時加速抑制装置啓発ビデオ
    国土交通省は4月16日、ブレーキとアクセルの踏み間違い事故を防止する「ペダル踏み間違い時加速抑制装置...
  2. 英国の消費者団体Which?
    英国の消費者団体Which?は4月16日、オンライン通販Amazon(アマゾン)で売られているハイテ...
  3. ジャガイモ調理
    農水省と環境省は4月12日、2016年度に国内で発生した食品ロス量が643万トンになったと発表した。...
  4. CPSCが警告したベビーベッド
    米国で赤ちゃんの死亡事故が相次いでいたフィッシャープライス社製ベビーベッド「ロックンプレイ・スリーパ...
  5. 電話相談
    今月27日からの大型連休の期間中、消費生活センターの多くが休館することから、消費者庁や国民生活センタ...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. チーズフェスタ2018

    2018-11-12

    「チーズフェスタ2018」に7700人 多彩なチーズレシピ

    11月10日(土)と11日(日)の両日、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は、渋谷区・恵比寿の...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2018-11-2

    国際葬儀連盟会長に就任 全日本葬祭業協同組合連合会

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連・石井時明会長)は10月25日に熊本市で全国大会を開き、同連合会副...
  3. 引越安心マークのトラック

    2018-3-6

    「安全・安心」な引越を 「引越安心マーク」制度導入4年目に

    全日本トラック協会、信頼マークとして提示 「引越安心マーク」をご存知だろうか。厳しい基準をクリアー...
ページ上部へ戻る