偽サイト被害激増、苦情2倍に 難しい見分け方、打つ手なしか🔒

◎国民生活センターがチェックポイント提示 被害に遭ったら迅速対応必要

デジタル社会の影の象徴か、偽サイトによる消費者被害が激増している。すでに前年同期と比べて苦情件数は2倍に急増した。国民生活センターは1月30日、「その通販サイトは本物か、偽サイトに警戒を」とする消費者への注意喚起情報を発信、危険を回避するよう消費者に呼びかけた。「注文した商品が届かない」「商品は届いたが偽物だった」「販売業者に連絡したいが連絡先がわからない」など、実在の企業サイトと誤解させるように作成された偽物サイトによる被害が目立つ。現在、全国の消費生活センターには同様の苦情が殺到しているという。

同センターでは偽サイトの手口を公表、「大幅な値引きをうたうSNSやインターネット上の広告などから偽サイトに誘導され、クレジットカード情報を詐取されたり、銀行等への前払いや代金引換サービスなどで金銭を詐取されたりしている」とし、今後いっそうの被害の深刻化に警戒を強めている。少しでも怪しいと思ったら注文しないなど、消費者に冷静で素早い対応を求めているが、デジタル社会の利便性が強調される中、対応策の実効性は薄い。相談被害事例から課題を見てみた。

国民生活センター

トラブル急増に警戒感を示す国民生活センター(1月30日)

国民生活センターによると、全国の消費生活センターに寄せられるネット通販の「偽サイト」関連相談は激増状態。前年度同期件数は約5900件、それが昨年12月末の今年度は1万1000件。2倍にも急増している。

各地センターの増談情報をオンラインで結ぶPIO‐NET(パイオネット、全国消費生活情報ネットワークシステム)の月別件数では、被害相談件数は夏場よりも冬場に急増し、昨年の場合、他の月に比べ、1月に2倍から3倍に相談件数が増加した。次のような相談が典型だ。

「検索サイトで検索し、通常の販売価格よりも大幅に値引きされている通販サイトにクレジットカード決済で注文した。だが商品が届かない」

「通販サイトでクレジットカード決済したが商品は届かず……(以下続く)

(本紙「ニッポン消費者新聞」2月1日号より一部転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン
📌ファクティバ

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 自動車内の空気から発がん性が指摘される難燃剤成分が検出されたという最新研究が報告されたことを受け、消c
  2. アルミカップ
    スポーツイベントや商業施設で採用が進むアルミカップのリサイクルを進めるため、アルミ缶リサイクル協会なc
  3. サロン専売商品
    ◎サロン専売商品の一部に「生産ロスZEROプロジェクト」導入 アートネイチャー(東京都渋谷区、五十c
  4. 金融庁
    金融庁は6月25日、金融機関からの報告をもとにインターネットバンキングによる預金の不正払戻し状況をまc
  5. 東京都「悪質事業者通報サイト」
    都民からの通報を受け付け、悪質事業者の取り締まりや監視につなげる東京都の「悪質事業者通報サイト」の2c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る