世界の消費者運動と連携強化を マーティン・フリッドさん🔒

日本消費者連盟共同代表・マーティン・フリッドさんインタビュー
◎エッセー本「鵜の目鷹の目」発行、消費者に国境なし

「日消連(NPO法人日本消費者連盟)の共同代表に就任して、2つの責任を痛感しています。一つは、50年以上の歴史を持つ日消連の運動をいっそう発展させていくことです。もう一つは、活動の視点や範囲をさらに広め、海外の知り合いにも働きかけ、国際的な消費者団体のネットワークをフルに活用させて連携を深めていくことです。半世紀以上の歴史に培われた消費者運動の意義を内外の多くの消費者に知ってもらいたい、そう思っています」

ニッポン消費者新聞がマーティンさんにインタビューするのは2度目。

1度目は13年前。オンブズマン制度発祥の国・スウェーデンから来日したマーティンさんが「ニッポン・食の安全ランキング555」という食品ガイドブックを発行したときだ。

マーティン・フリッドさん

「安全な食生活は伝統食から」と訴え、555品目を選定し、「良い食品は身の回りのすぐそばにある」「正直な農家、真面目な企業の食品にこそ選ぶ価値がある」と消費者に呼びかけた。選定した食品は実際に見て触って食味したものだ。

このような「食文化」への探求から始まった旺盛な好奇心は、その後、環境問題、資源・エネルギー、ジェンダー、政治・経済・社会制度のあり方にまで「食指」が広がり、昨年3月には「マーティンの鵜の目鷹の目」というエッセー本(日消連発行・社会評論社発売)に凝縮された。日消連の会員向け活動情報誌「消費者リポート」に約20年間連載したエッセーを盛り込んだものだ。

副題には「世界の消費者運動の旅から」とある。翻訳は清水洋子さん。

「元気に、楽しく生きることは消費生活の基本です。私にとってエッセーを書くことはそのためのアクションの一環。最初に来日したとき、お寿司、お刺身、ご飯、みそ汁など、日本の食べ物は世界一おいしいと感動しました。食べ物だけではなく善き伝統を維持するには何が必要か、消費生活の安全をむしばむものを排除していくために何かしなくては……(以下続く)

(本紙9月1日号「消費者問題はいまー提言」欄より一部転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2023

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 豪州消費者団体Choice
    住宅ローンや家賃に関する苦情が増加しているのは銀行が苦境に立たされている人を十分支援していないからだc
  2. 鶏肉
    日本政策金融公庫が実施した畜産物の購入に関する消費者動向調査によると、食肉と牛乳について、およそ6割c
  3. コンシューマーリポート
    4月22日のアースデイを前に、米国の消費者団体コンシューマー・リポートは気候変動が消費者の財布に与えc
  4. 警察庁
    警察庁がまとめた生活経済事犯の検挙状況によると、2023年に全国の警察が摘発した特定商取引等事犯は前c
  5. 電話相談
    埼玉弁護士会と埼玉司法書士会は4月20日(土)と21日(日)に電話相談「敷金(賃貸住宅)トラブル11c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る