ガソリン、容器購入に本人確認 2月から 京アニ事件教訓に

2月1日から、詰め替え容器を持参してガソリンを購入する場合、本人確認が必要となる。適正な使用を徹底するため、運転免許証やマイナンバーカードなどの提示を求められるほか、使用目的の確認も行われる。ただし、ガソリン車への給油は対象外。ガソリンスタンド事業者や消防などは、消費者に対し、本人確認への協力を呼びかけている。

昨年7月に京都市伏見区で起きた「京都アニメーション」第1スタジオの放火殺人事件を受けた措置。12月に消防法の関係省令を改正し、ガソリンスタンドなどの販売事業者に対し、顧客の本人確認を義務付けた。使用目的の確認や数量などの販売記録の作成も求め、確認を拒否するなど不審な場合は警察への通報を要請する。

ガソリンを容器購入する消費者は、消防法令に適合した詰め替え容器(携行缶など)を用意し、運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなど公的機関が発行する写真付きの確認資料を持参する必要がある。セルフスタンドではこれまでどおり、消費者自らがガソリンを容器に詰め替えることはできず、従業員に依頼する必要がある。

ただし、ガソリンスタンドの会員証で本人確認ができる場合や、すでに確認を行った場合、継続的に購入している場合は本人確認を省略できるという。

ガソリンスタンドの業界団体、全国石油業協同組合連合会(全石連)によると、草刈り機やチェーンソー用の混合燃料を作るのにガソリンが必要で、ガソリンの容器販売は一般的に行われているという。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. パブリック・シチズン
    企業の犯罪履歴をデータベースで閲覧できるようにする「企業犯罪データベース法案」が提出されたことを受けc
  2. 消費者庁
    消費者庁は食品衛生の監視指導強化が実施される年末、食品の表示・広告の適正化をめざして都道府県等と連携c
  3. 第一生命経済研究所
    第一生命経済研究所ライフデザイン研究部はこのほど、「新型コロナ生活調査」の結果を発表した。この3年間c
  4. アルミ缶リサイクル協会50周年
    来年2月7日に創立50周年を迎えるアルミ缶リサイクル協会は12月2日、都内で記念式典を開いた。経済産c
  5. JARO山本一広さん
    日本広告審査機構(JARO)専務理事・山本一広さんインタビュー ◎消費者意見踏まえ悪質広告・表示排c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る