ジェルネイル、連続使用で高温に 「熱くて使えない」との相談

爪に塗ったジェルをLEDライトに当てて固めるジェルネイルについて、「熱くて使えない」などの相談が寄せられているとして、東京都消費生活総合センターは3月17日、注意を呼びかけた。

センターの商品テストでは、LEDライト庫を連続して使用すると庫内温度が50℃前後にまで上昇。装飾のストーンを付けると集中的に熱が発生することなどがわかった。「自分でネイルをする場合は機器の説明書に従って使用し、熱さを感じたら我慢せずにすぐに手を出してほしい」としている。

ジェルネイルはジェル状の紫外線(UV)硬化樹脂を爪に塗り、LEDライトやUVライトを当て、固めて仕上げるネイルアート用品。ライトを当てるまで表面が固まらないため、初心者でも多様なデザインが簡単に楽しめる。ジェルとライト庫を組み合わせたキットがインターネット上で販売され、セルフネイルをおこなう女性から人気が高いという。

一方で、都内の消費生活センターには「指にライトを当てた際に発生する熱が熱くて使えない」などジェルネイルに関する相談が毎年10件以上寄せられており、相談課によると今年度もすでに10件の相談があったという。

センターの商品テストでは、LEDライト庫を連続で使用すると庫内温度が50℃前後にまで上昇。使用方法によっては約55℃まで上昇することがあった。また、ジェルの塗る量が多くなるほど固まるまでに時間がかかり、熱が持続的に発生してジェルや爪の温度が高くなった。

実際にキットを使い、それぞれの指でテストを繰り返したところ、左手小指にジェルを塗ってライト庫に入れた時、数秒後に突然熱くなり、耐えられずに指を出してしまったという。

熱さに関する相談のほか、「ネイルサロンでの施術により爪に痛みを感じた」「爪が剥離した」などの事例も寄せられている。

都消費生活総合センターは▽ライト庫に指を入れて熱く感じたら、我慢せずにすぐ手を外に出す▽指定のライト庫とジェル以外使用しない▽厚みを出したいときは一度に厚く塗らず、何回かに分けて塗る▽装飾のストーンを付ける場合は集中的に熱が発生するので気を付ける▽ジェルが皮膚についたら熱さを強く感じるためふき取る――よう呼びかけた。

関連記事

消費者運動年鑑2019

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. イベント
    国内で「新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA」が導入されるなど、コロナ対策としてIT(情報技術...
  2. ACAP
    公益社団法人ACAP(消費者関連専門家会議、村井正素理事長)は、消費者問題に関する「わたしの提言」の...
  3. 怪しい広告を見抜く目を養ってもらおうと、埼玉県が実施している「大学・高校連携による不当表示広告調査」...
  4. 英国の消費者団体Which?
    米国との自由貿易協定交渉にのぞむ英国で食品安全への懸念が高まっていることを受け、ディスカウントスーパ...
  5. 埼玉消費者被害をなくす会
    経年劣化による火災などを防ぐことを目的とした「長期使用製品安全表示制度」と同「安全表示制度」の認知度...

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同...
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際...
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日...
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビスス...
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6...
ページ上部へ戻る