防水スプレー吸入事故防止へ「マスク着用を」 注意表示強化へ

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

靴や傘などに使う防水スプレーの吸入事故が増加している問題で、使用者の約13%が危害やヒヤリハットを経験していることが1月19日、東京都の実態調査でわかった。咳や吐き気などの体調悪化に加え、入院事例も1件報告された。また、検証実験では、屋外でも風向きや使用状況によって吸入リスクがあることが判明。都は事故防止に向けて、マスクの着用を強く呼びかける提言案を示し、3月をめどに報告書を公表する方針だ。

防水スプレー

市販されている防水スプレーの一例。防水・撥水機能に加え、防汚など用途拡大を提案する製品も増えている(19日、都庁にて。事故品ではない)

調査結果は、都が設置した「商品等安全対策協議会」(会長・越山健彦千葉工業大学教授)の第2回会合で報告された。

都によると、防水スプレーを使用したことがある1052人のうち134人(12.7%)が危害やヒヤリハットを経験。このうち58人が体調悪化となり、症状は「咳」(50%)、「気分悪化・吐き気」(41.1%)、「呼吸困難・息苦しさ」(32.8%)、「のどの痛み・違和感」(20.7%)などと続いた。7人が医療機関を受診したほか、1人が入院していた。

危害・ヒヤリハットの発生場所は「玄関」が35.1%と最も多かったが、以下、「風のある屋外」が22.4%、「風のない屋外」が14.2%、「屋外(風の有無は覚えていない)」が9.0%、などと続き、屋外の使用でも風によって不意に吸入してしまうケースが多かった。噴霧粒子を可視化した検証実験でも、風向きや気流の乱れ、地面からの跳ね返りにより、屋外でも吸入リスクがあることがわかった。

都はマスクの着用が事故防止に有効だとし、「必ずマスクを着用してご使用下さい」との注意事項を…(以下続く)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

関連記事

消費者運動年鑑2020

ニッポン消費者新聞最新号

新着記事

  1. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県は3月4日、今後の県消費生活行政の指針となる「ひょうご消費生活プラン」案のパブリック・コメントc
  2. コンシューマーリポート
    大手メーカーの離乳食の一部にヒ素や鉛などの有害重金属が高レベルに含まれていたことが米下院小委員会の調c
  3. 主婦連合会
    全国消費者団体連絡会(全国消団連)と全国消費者行政ウォッチねっとは、特定商取引法と預託法改正案の閣議c
  4. CCJロマンス詐欺
    コロナ禍によって「出会いの場」が減少する一方、その出会いをオンラインでサポートする「出会い系サイト」c
  5. 国民生活センター
    国民生活センターは3月4日、災害に備えた食品で賞味期限が切れた101食品を対象にしたテスト結果を発表c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る