キャンプ用品、正しく使用を 初心者の事故に注意呼びかけ

3密を避けて楽しめるレジャーの一つとして、キャンプの人気が高まる中、NITE(製品評価技術基盤機構)は4月28日、初心者に向けてキャンプ用品の正しい使用を呼びかけた。ガスコンロやポータブルストーブなどの燃焼機器は取り扱いを誤ると、爆発事故や一酸化炭素中毒につながるおそれがある。NITEは「ゴールデンウィークを含む5月はキャンプをする人が非常に多くなる。事前に正しい使い方を理解して事故の未然防止を図ってほしい」と話す。

キャンプでたき火

テント内でのたき火や調理は危険。4~5人用の2ルームテントでたき火をしたところ、およそ9分でマネキンの口付近の一酸化炭素濃度が200ppmを超えた(NITEの実験映像より)

キャンプ用品の事故は2020年までの5年間に18件起きていた。れんがで囲ったカセットコンロのボンベが加熱により破裂したり、取り付け不良が原因でガストーチから出火したりする事例が報告され、1人が重傷、11人が軽傷を負うなどした。

NITEは特に、テント内での一酸化炭素中毒を警戒。最悪の場合、死亡するおそれがあり、「テントやフライシート(風雨の侵入を防ぐためにテントに重ねて張る布)の下で燃焼機器を絶対に使用しないでほしい」と呼びかけた。

大きめのテント(4~5人用)でたき火を行った実験では、およそ9分で一酸化炭素濃度が200ppmを超え、危険な状況になったという。テントの外でのたき火も、風向きや距離などの条件によって一酸化炭素が入り込む可能性がある。異臭を感じたり、少しでも気分が悪くなったりしたら、すぐに換気をすることが重要だとした。一酸化炭素は色や臭いがなく、毒性がとても高いと指摘する。

NITEは「キャンプという文化が注目されている時期ではあるが、キャンプを始める人は取扱説明書をよく確認して正しく使用したうえで、レジャーを楽しんでほしい」と呼びかけている。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. パブリック・シチズン
    企業の犯罪履歴をデータベースで閲覧できるようにする「企業犯罪データベース法案」が提出されたことを受けc
  2. 消費者庁
    消費者庁は食品衛生の監視指導強化が実施される年末、食品の表示・広告の適正化をめざして都道府県等と連携c
  3. 第一生命経済研究所
    第一生命経済研究所ライフデザイン研究部はこのほど、「新型コロナ生活調査」の結果を発表した。この3年間c
  4. アルミ缶リサイクル協会50周年
    来年2月7日に創立50周年を迎えるアルミ缶リサイクル協会は12月2日、都内で記念式典を開いた。経済産c
  5. JARO山本一広さん
    日本広告審査機構(JARO)専務理事・山本一広さんインタビュー ◎消費者意見踏まえ悪質広告・表示排c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る