国セン・山田昭典理事長インタビュー 若者への情報発信を積極化🔓

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj
◎デジタル化にも対応、パイオネット刷新へ

4月からの成年年齢引下げを踏まえ、今年の消費者月間テーマは「考えよう!大人になるとできること、気を付けること~18歳から大人に~」と設定された。全国で関連イベントが開催される。国民生活センターは、若年者に消費者トラブル防止への注意を呼びかけるとともに、動画配信など新しいツールを活用した情報発進を推進する。社会全体で若年者を支えていく環境整備だ。同センターはデジタル化の中での長引くコロナ禍に対応し、次期パイオネットの刷新、越境消費者トラブル防止へのCCJ(越境消費者センター)活動の推進、深刻化する若者・高齢者被害防止対策、さらに、各地消費生活センター支援などに取り組んでいる。ニッポン消費者新聞は消費者月間開催を契機に、同センター・山田昭典理事長にインタビューし、今後の活動方針について尋ねた。山田理事長は、「短距離だけでなく、長距離走もできる体力を持つシステムを構築し、継続的に情報発進を推進する」と表明している。

山田昭典理事長へのインタビュー項目は(1)成年年齢引下げと国民生活センターの取組・対応(2)コロナ禍の中でのデジタル化への対応(3)研修事業の推進と地方支援(4)越境消費者トラブル対策と国際化対応など。回答概要は次の通り。

山田昭典国民生活センター理事長

◎成年年齢引下げに対応 消費者トラブルの未然防止策を推進

国民生活センターは、4月からの成年年齢引下げについて、3月に当センターとしての取組方針を発表しました。消費者トラブルの未然防止などにいっそう取り組むことを表明したものです。これまでもウェブサイトに「若者の消費者トラブル」を特集テーマとしたページを設置し、昨年4月からは被害防止へ向けた注意喚起情報をシリーズで発信してきました。若者や生徒だけではなく、学校の先生方や教育機関にも活用していただけるよう、事例ごとに簡潔にまとめたものです。

4月以降はこれに加え、消費者トラブル防止へ向けたいっそうの取組を推進してまいります。情報発進の強化、コンテンツの充実、相談対応の整備・強化を重大目標に掲げ、それぞれ具体策を提示しました。

昨年度末、若者が巻き込まれやすい消費者トラブルについて啓発動画をTikTokで広告配信しました。また、学習管理SNS「Studyplus」と記事タイアップをし、新成年に向けた消費者トラブル防止の記事を掲載しました。

また、これまでのように、若者向け注意喚起シリーズの発信も継続しつつ、公式LINEアカウントに若者向けコーナーを設置。注意して欲しいトラブル事例の紹介などを通し、直接消費者に利用を呼びかけながら、各地消費生活センターの啓発事業の側面支援を図っていく予定です。さらに、ウェブサイトのテーマ別特集「若者の消費者トラブル」については、アクセスの向上へ向け、バナーを作成し、より目立つように改善を施しました。

コンテンツの充実化では、新たな取り組みとして、若者向け注意喚起シリーズの内容に合わせて当センターの紛争解決委員会が公表した事案を紹介し…(以下続く)

(本紙「ニッポン消費者新聞」5月1日消費者月間号より一部転載)

この記事の続きは以下の会員制データベースサービスで購読できます
📌ジー・サーチ データベースサービス
📌日経テレコン

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

関連記事

消費者運動年鑑2021

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 2022年1月1日号
    特集 令和4年版消費者白書 相談件数85万件、依然高水準 ~被害推計額は5.9兆円 Sc
  2. 兵庫県立消費生活総合センター
    兵庫県立消費生活総合センターがまとめた2021年度の県内消費生活相談状況によると、定期購入に関する苦c
  3. 消費者教育教材資料表彰2022
    消費者教育支援センターは6月27日、都内で「消費者教育教材資料表彰2022」の表彰式を開催し、最高賞c
  4. 豪州消費者団体Choice
    豪州の消費者団体CHOICEが実施した調査で、大手小売り3社が店内に顔認証機能付き監視カメラを設置しc
  5. 上部隆男さん
    東京都消費生活総合センターで6月21日、ガラス製品のトラブル事例を体験する実験実習講座が開かれ、参加c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る