ふるさと納税の返納品、3割がお米を選択 日本生協連調査

日本生活協同組合連合会(日本生協連)は12月8日、お米についてのアンケート調査結果を発表した。全体の94.4%が1日に1回はお米を食べていることが判明。ふるさと納税を利用している人のうち約3割が返礼品としてお米を選んでいることがわかった。

お米を巡っては、3年ぶりに新米の値上げが発表される一方で、コロナ下で中食・外食向けのお米の需要が減っている。そこで日本生協連は家庭でのお米の利用実態を把握するため調査を実施。9月27日~10月2日、全国の組合員を対象にWEBでアンケートをとり、3862人から回答を得た。

お米を食べる頻度を尋ねたところ、1日に2回程度お米を食べるとの回答割合は全体の50.6%と最も多かった。以下、1日に1回程度が26.5%、1日に3回以上が17.3%となり、全体の94.4%の人が1日に最低1回以上はお米を食べていることがわかった。パンや麺ではなくお米を選ぶ理由として、「食べるのが習慣になっている」(58.7%)が最多となり、以下、「味が良い、好き」(53.5%)、「食べ応えがあり、腹持ちが良い」(38.0%)と続いた。

また、直近1年間でふるさと納税を利用している人は全体の31.4%で、利用者の33.2%が返礼品としてお米を選んでいた。農林水産省の調査によると、ふるさと納税返礼品のお米の販売数量は2020年度が前年比60%増の2万1300トン、21年度が同18%増の2万5200トンと増加傾向にある。日本生協連は「(値上げが発表されたこともあり)今後ふるさと納税でお米を選択する割合は増加することが予想される」と分析している。

そのほか、全体の73.5%が「米粉商品を購入したことがある」と回答。食べてみたい米粉商品は「パン(食パン・菓子パンなど)」(63.8%)、「洋菓子(ホットケーキ・ドーナツ・バームクーヘン)」(43.4%)、「和菓子(カステラ・どら焼き・まんじゅう)」(37.8%)が上位を占めた。

関連記事

消費者運動年鑑2022

ニッポン消費者新聞最新号発行しました

新着記事

  1. 引越安心マークのトラック
    新生活シーズンを迎える3月から4月にかけて引越の依頼が集中することから、国土交通省や全日本トラック協c
  2. U.S. PIRG
    米国の非営利団体U.S.PIRGは1月24日、11州の議員が水銀を含む蛍光灯の段階的廃止を目指し、法c
  3. 厚生労働省
    ◎ピアスで金属アレルギー、カビ取り剤や防水スプレーで悪心 厚生労働省がまとめた年次報告書によると、c
  4. フランス消費者同盟
    フランスの消費者団体UFCは1月24日、洗剤を使わなくても汚れが落ちるとうたう「洗濯ボール」の商品テc
  5. 主婦連合会
    ◎「平和で持続可能な未来」テーマに議論 全国各地の消費者団体で組織した大会実行委員会主催の第61回c

記事カテゴリー

トレンドニュース

  1. 全葬連石井時明会長

    2020-1-22

    登録制度導入も視野に 葬祭業めぐり3省庁が情報交換

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連)の石井時明会長は1月21日、同連合会と全日本葬祭業政治連盟の合同c
  2. 全日本葬祭業協同組合連合会

    2020-1-9

    国際葬儀連盟、横浜で6月に世界大会 18年ぶりの日本開催

    今年6月、横浜で世界の葬儀関連事業者が集う世界大会が開催される。主催する「FIAT-IFTA」(国際c
  3. 葬儀事前相談員資格認定試験

    2019-11-20

    葬儀の事前相談員資格認定試験を実施 全葬連

    経済産業大臣認可の「全日本葬祭業協同組合連合会」(全葬連、石井時明会長)は11月18日と19日の両日c
  4. チーズフェスタ2019

    2019-11-12

    チーズフェスタに6千人超、「チー1グランプリ」も決定

    チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会は11月10日と11日の両日、東京渋谷区・恵比寿の「エビススc
  5. 全葬連第44回通常総会懇親会

    2019-5-22

    来年の国際葬儀連盟世界大会への準備推進 全葬連

    全日本葬祭業協同組合連合会(全葬連、石井時明会長)は5月21日、第44回定期総会を都内で開き、来年6c
ページ上部へ戻る